杉並区立天沼中学校学校紹介
校長挨拶 教育目標 概要 沿革 特色ある教育活動 教職員指とま情報
教育目標 文字サイズ拡大通常

本校の教育目標と目指す生徒像・学校像
     ・教育目標 「自主 自律 共生」 

《目指す生徒像》

(自主)自ら課題や問題を見つけ、主体的に考え判断し、正しく行動できる生徒 
(自律)自らの行動に誇りと責任を持つことができる生徒
(共生)自他の生命や自然を尊重し、思いやりと広い視野を持って行動できる生徒


《目指す学校像》

 (1)確かな学力が身につく学校(授業の充実、個に応じた指導、指導法の工夫改善等)
 (2)豊かな心健やかな身体が育つ学校(行事、生徒会、部活動)
 (3)安全・安心・快適な学校(施設の安全管理、事故防止、不審者対応、教育相談)
 (4)各組織が有効に機能する学校(学年、各部、特別委、運営委員会等)
           協働体制1:専門性と同僚性 (チーム学校へ)
 (5)保護者・地域と共に創る学校(CS、PTA、学校支援本部等)
            協働体制2:共感性と補完性
 (6)日常的に校務改善する学校(PDCAサイクルを)
   すべての教育活動においてアセスメント(診断)に基づくアプローチ(指導)を大切にする
   計画実行評価改善
   What 実態把握
   Why 現状分析
   How 対策立案

・実態把握は「事実」(=エビデンス)を、現状分析は「理論的推測」を。


《実現のためのポイント》

  ○「開く・繋げる・続ける」
   @ 教育内容・教育実践の開示、開かれた学校
      名札の着用、名刺使用、電話の応対、
   A 良いものは発展的な継続を図る。伝統の創出
      伝統は守るものではない。創るものである。
   B 地域・小学校・関係機関との連携
      コラボレイティブシステム(協働体制)の確立。
      生徒のボランティアシップを地域で展開。 

「信頼される学校づくり」 → 説明責任からインフォームドコンセント
  (事前の説明・納得・合意)「評価」・「いじめ」
  そのための、エビデンスベースドエデュケーション

責任ある職務遂行と服務の厳正 → 教育公務員としての自覚(コンプライアンス)
 「法」を守ること、従うこと。
 徹底した報告・連絡・相談、教員同士の相互チェックを。 

▲ページトップへ