HOME > 教育目標

教育目標

本校の教育目標と目指す生徒像・学校像

    教育目標「自主 自律 共生」 

《目指す生徒像》

○(自主)自ら課題や問題を見つけ主体的に考え判断し、正しく行動できる生徒
○(自律)自らの行動に誇りと責任を持つことができる生徒
○(共生)自他の生命や自然を尊重し、思いやりと広い視野を持って行動できる生徒

《目指す学校像》

「共に見て、共に考え共に育む地域と協働する天沼中」
 (1)次世代を担う知・徳・体の調和のとれた生徒を育成する学校
 (2)一人一人を大切にし、学びを保障する学校
 (3)不易流行を貫き、好ましい人格形成を目差す学校
 (4)教職員が日々研鑽し、意欲と誇りをもった学校
 (5)保護者・地域に信頼され、いつまでも愛される学校

《実現のためのポイント》

  ○「開く・繋げる・続ける」
   ① 教育内容・教育実践の開示、開かれた学校
      名札の着用、名刺使用、電話の応対、
   ② 良いものは発展的な継続を図る。伝統の創出
      伝統は守るものではない。創るものである。
   ③ 地域・小学校・関係機関との連携
      コラボレイティブシステム(協働体制)の確立。
      生徒のボランティアシップを地域で展開。

  ○「信頼される学校づくり」 → 説明責任からインフォームドコンセント
   (事前の説明・納得・合意)「評価」・「いじめ」
   そのための、エビデンスベースドエデュケーション

  ○ 責任ある職務遂行と服務の厳正 → 教育公務員としての自覚(コンプライアンス)
   「法」を守ること、従うこと。
   徹底した報告・連絡・相談、教員同士の相互チェックを。

 

ページトップに戻る