杉並区立天沼中学校
校長室 文字サイズ拡大通常
2014年11月25日(火)
サッカー部 落ち葉掃きボランティア

朝早く学校に到着すると、校門内で落ち葉を掃く生徒の姿が、7〜8人。今年は若干広葉樹の色づきが早かったようで、長い間紅葉を楽しむことができますが、その分落ち葉掃きも大変です。主事さんたちが掃いても掃いても落ち葉は積もっていきます。
サッカー部が自発的にボランティアする姿に、思わず「ありがとうね」と声をかけました。

2014年11月22日(土)
震災救援所訓練 防災講演

今年度初めて、土曜授業と合体した震災救援所訓練がありました。まず、体育館で全員が防災講演を聞いた後、学年ごとに分かれました。3年生は、本邦初の中学生によるHUG(避難所運営ゲーム)訓練を、防災課、救護支援部の指導のもと行いました。避難所運営のシュミレーションを、どの班も熱心に真剣に行いました。
1年生は恒例の3訓練です。AED訓練、Dポンプ放水訓練、消火器訓練、ほかほかの非常食を作りました。
「助けられる」から「助ける」存在に変わるのが、中学生、立派に訓練しました。

2014年11月19日(水)
天沼小学校 マナー教室

天中2年生による天小3年生へのマナー教室がありました。2年生は6月のマナー教室で職場でのマナーを学び、7月の職場体験学習でそれを実践しています。期末テストの最終日、有志40人が実践した経験を踏まえてお店番体験をする小3の児童にマナーを伝えます。
まず全体の前で「よい例」と「悪い例」を見せ、次は小グループに分かれて、全員がロールプレイで店員役、お客役を交代で演じました。お兄さん・お姉さんがいるので、小学生たちは大興奮、でも天中生たちは立派なマナー講師役を務めました。

2014年11月8日(土)
夢未来チャリティーコンサート

南相馬市から原町第一中学校の吹奏楽部を招いて、荻窪音楽祭・夢チャリティーコンサートが杉並公会堂で開催されました。天中からは、吹奏楽部と天チャリ実行委員会が参加しました。
コンサートには、AKAの三校で参加し、それぞれの演奏の後には原町一中、天中、松渓中の合同演奏があり、ホール全体が感動の渦に巻き込まれました。

2014年10月30日(木)
ブックトーク優秀作の放送

お気に入りの本の読みどころを紹介するブックトーク。1年生と2年生の全学級で実施中です。全員が前に出て紹介し、お互いの採点をし優秀作を決定します。
今週から来週にかけて、毎日2〜3人ずつ全校放送で紹介しています。大人でも読んでみようかな、と思うほど素敵なブックトークもあり、楽しいひと時になっています。

2014年10月24日(金)
学芸発表会 合唱コンクール

「心を一つに合わせて美しいハーモニーを」…。元気でさわやかな歌声の一年生、のびやかで迫力ある二年生、難曲を曲想豊かに歌った三年生。合唱に臨む姿勢は、全学級とも金賞でした。有志合唱も年々レベルが上がっています。
吹奏楽部は3年生が構成を考えて、元気よくそしてしっとりと見事な演奏でした。フロアの生徒たちも手拍子・掛け声が絶妙で、公会堂が一体となって、演奏を楽しむことができました。
例年はここがラストステージになる3年生ですが、今年は11月8日の夢チャリティーコンサートまで頑張ります。

2014年10月23日(木)
学校運営協議委員と3年生徒の懇談会

本校のCS(学校運営協議会)委員と生徒代表として、3年生の4名が懇談会を開きました。テーマは杉並区の特定課題調査の意識実態調査の結果についてです。
特に、なぜ中学生の自尊感情が低いかについて、生徒たちの鋭い自己分析に委員たちはびっくりするやら、感心するやら。生徒からは、「またこういう機会をつくって欲しい」という感想がありました。

2014年10月9日(木)
日フィルの岸良先生のスペシャルクリニック

吹奏楽部の練習に、日本フィルハーモニーのトロンボーン奏者、岸良開城さんが特別指導に来てくれました。11月8日の荻窪音楽祭の「みらい夢チャリティーコンサート」で、南相馬の原町一中を迎え、松渓中と合同演奏をするための練習でした。
岸良先生のわかりやすい丁寧な指導は、生徒たちのすごい集中力を引き出し、感動的な練習になりました。
明石先生にとって同じ楽器の奏者、雲の上の存在だそうです。

2014年9月29日(月)
第2回ピアヘルピング講座

学校支援本部カウンセリング部主催の第2回ピアヘルピング講座「親子のためのコミュニケーション術」を開催しました。部員、ヘルパーさんを含め、参加者は20名でした。前半は、校長から交流分析の講義があり、エゴグラムを実施して自分の自我状態に気付くワークをしました。
後半は、コミュニケーションのトレーニングとして、カウンセリングの基礎技法「受容」と「繰り返し」を三人一組のグループでロールプレイで体験しました。
卒業生のお母さんであるヘルパーさんに話を聞いてもらって、「安心しました。すごくよかったです」という感想がたくさんありました。

2014年9月27日(土)
荻窪街歩き

「すぎなみ学びの楽園」が主催する「荻窪街歩き」に、天沼中学校の2年生10名が参加しました。土曜日の朝、荻窪駅北口に集まったのは、中学生を含めて30名ばかりの人たち。
学校のすぐ近くにある碧雲荘の二階左側の部屋に、太宰治が住んでいました。学校の西側には井伏鱒二の家があります。
郷土博物館分館で休憩し、博物館の展示に中学生が協力しようという話ができました。

2014年9月22日(月)
チャツウッド・ラグビースクール生徒の体験授業

杉並区が進めているオーストラリアとの中学生交流では、夏休みに日本の中学生が2週間の留学をし、代わりに隔年でチャツウッド・ラグビースクールの生徒が来日し、ホームステイしながら試合をしています。
今回、5人の生徒が22日に天沼中学校を訪れ、一日の体験入学をしました。2年生の3クラスに入り、英語の授業などを2年生と一緒に受け給食も楽しく食べました。
5時間目は、特別授業で3年生の授業に入り、タグラグビーをやりました。
最初は緊張気味だったラグビースクールの少年たちも、最後はリラックスして日本の中学校を楽しんで帰って行きました。

2014年9月12日(木)

天沼中学校の一年生が、日本書道芸術協会が主催する第46回書象学生展において、団体賞を受賞しました。天沼中学校では初めてのことです。
個人でも、推薦書象賞を臼井君と大石さんが受賞したほか、7名が特選を、それ以外の生徒も全員が金賞、銀賞、銅賞のいずれかをいただきました。書道は天沼中学校が特色ある教育活動として取り組んでいる伝統文化理解教育の中心的な種目です。国際社会に羽ばたく天沼中学校の生徒たちが、多くの日本の文化を身につけてほしいと願っています。

2014年9月9日(火)
AKA26 小学生の中学校体験授業

沓掛小学校と天沼小学校の6年生5クラスが、天沼中学校の授業を体験しました。8コースの中から、自分で選んだ教科の授業を体験しました。国語の授業では、小学校でも教材になっている「言霊百選」から作った「ことだまカルタ」に挑戦、百人一首にも慣れている児童たちは最初から乗り気満々で、カルタに熱中していました。
放課後は希望者による部活動体験のありました。サッカー部やソフトテニス部が人気の部活だったようです。

2014年9月3日(水)
三校合同研修会・運営協議会

AKA26、今年度三回目の天中、沓掛小、天小の三校合同研修会を行いました。5時間目の天沼小学校の授業を参観した後、教科部会に分かれて、協議をしました。
同時に、三校の学校運営協議委員の皆さんにも、授業参観していただき、AKA小中一貫について質疑応答をしました。

2014年9月2日(火)
英語のKotodama100

「言霊百選」の第二弾、英語の「Kotodama100」が今日から始まりました。初めのほうはアルファベットや曜日、月など簡単な英語が続きます。教室内も、廊下も早速たくさんの生徒が並んで挑戦です。
「Kotodama100」の検定には、教員だけでなく保護者の方たちにも検定をお願いしています。生徒たちの真剣な表情に、お母さんたちも朗らかに応じてくれています。

2014年8月12日(火)
ウィロビー壮行会

第二期杉並中学生海外留学の壮行会が、8月12日、区役所で行われました。
留学生の一人ひとりが自分の研究テーマの発表と決意表明をしました。
本日20日に出発し、約2週間オーストラリアで貴重な体験をしてきます。
元気でいってらっしゃい!

2014年8月1日(金)
全国大会出場決定

猛暑の夏に負けずに、生徒たちが頑張っています。
陸上部の里吉佑太君(走り幅跳)、水泳部の榁木君(200m平泳ぎ)で、標準タイムを突破し全国大会に出場が決定しました。
里吉君は香川県、榁木君は高知県で大会があります。
がんばってください。

2014年7月20日(日)
言霊名人登場! 『区民の集い』

社会を明るくする運動『区民の集い』で、天沼中学校、沓掛小学校、天沼小学校の児童生徒が登壇しました。
それぞれ、得意の言霊を暗誦し、多くの方から賞賛されました。
最後は、フロアとステージが一緒になり、『雨ニモマケズ』を群唱しました。

2014年7月29日(火)
ボランティア部の校内ペンキ塗り

ボランティア部恒例の校内ペンキ塗りが7月29日に行われました。
すでに1階から4階までの廊下は塗り終わっていたので、今回は西階段の壁をきれいにしました。
段がある分、難しかったのですが、安全に丁寧にペンキ塗りができて、西階段はすっかり、明るくなりました。
ボランティア部のみなさんありがとう!

2014年7月26日(土)
杉並中学生生徒会サミット

7月26日、勤労福祉会館で、第2回杉並中学生生徒会サミットが開催されました。
天沼中学校からは、生徒会の小松さん、秦さん、田中さんの三人が参加し、ステージの上で「天沼しぐさ」や「郷中エンカウンター」の紹介をしました。

2014年7月20日(日)
社会を明るくする運動『区民の集い』

7月20日(日)
セシオン杉並で、区民の集いが行われ、天沼中学校の言霊名人と、沓掛小、天沼小の児童たちが、ステージで言霊暗唱を披露してきました。
会場のお客様たちからは、「感度しました!」というお誉めの言葉をたくさんいただきました。

2014年4月9日(水)
講談社版 『ことだま百選』発売

天沼中学校の言葉の教育教材である『言霊百選』が、講談社から本になって出ました。



▲ページトップへ