小学部で紅白決定集会が行われました(4/28)

 4月24日8時25分から、小アリーナで小学部全児童により「紅白決定集会」が行われました。

 この集会は名前のとおり、事前に2分割されている全児童の集団のどちらが、今年、赤組となるのか、白組となるのか決める集会です。

各学級から選出され、投票等により、先週決まっていた2人の応援団長が、箱に入っている紅白の旗の付いている綱を引き、今年の赤組と白組が決まりました。小アリーナは大きな歓声に包まれました。

その後、赤組応援団長、6年3組の三浦陸さんと白組応援団長、6年2組の野田英之さんが大きな声で自分の団員に対しての決意表明を行いました。

中学校の教員の経験しかない私にとっては、初めての体験でしたが、この方法は、杉並区の学校で多く取り入れられているやり方だそうです。

決定した後、荒木統括副学園長から「運動会は紅白に分かれて、勝敗を競う行事です。勝ち負けがある以上、勝ちにこだわってもらいたい。また、勝利に向かって皆が努力し、当日は蓄えた力を出し切りましょう。」という内容の話がありました。

 秋に移動教室が実施される関係で昨年とは違い、今年は春の運動会になります。そして、いよいよ、今週から運動会の練習が始まります。

 どちらの組が勝利するかは、これからの練習次第だと思います。

 小学部674名全員が練習から運動会当日までの1カ月間、自分なりのベストを尽くすことを心から期待しています。

 

サブコンテンツ

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930