2学期が始まりました(8/30)

8月30日(水)、2学期が始まりました。

始業式で児童・生徒にお話した内容をお知らせいたします。

 

「皆さん、おはようございます。皆さんが夏休みに多くの体験等をして、その体験等を通して成長し、元気に学園に戻ってきたことを大変、嬉しく思います。

この夏休みには、1学期の終業式で話しをしました、『学園の児童・生徒が夏休みに乗ってはいけない3つの車、パトカー・救急車・知らない人の車』に乗ったという報告や連絡は受けていません。きっと皆さん一人一人が、健康や安全等に気を配った生活を日々、続けていたのだと思います。これからも、熱中症防止のために水分をしっかり補給したり、交通事故等に気を付けたりするなど、夏休みの時と同様、様々な危険から身を守っていただきたいと思います。

さて、楽しかった夏休みが終わり、今日から最も長い学期である2学期が始まります。

新しい学期をスタートするにあたり、もう一度、皆さんが4月に立てた、『苦手を克服したい。』『得意を見つけたい・伸ばしていきたい。』などの1年間の目標を思い出してもらいたいと思います。長い学期であったとしても、日々、努力を怠ってしまうとあっという間に目標としたことを少しも叶えることができないまま12月の終業式を迎えることとなってしまいます。

特に9年生はこの学期の頑張りは高校入試に大きく影響をしています。一日一日をこれまで以上に大切にしなければなりません。辛い時期だとは思いますが、人生の中でも一番、成長する時期でもあります。強い気持ちをもち頑張ってください。

2学期は、小学部の皆さんにとっては、学芸会、中学部の皆さんにとっては、合唱コンクールなど、皆さんが活躍できる様々な行事が待っています。そのよう行事等を通して、是非、今まで気付かなかった自分の得意なこと、良いところ・素敵なところを見付けてもらいたいと思います。

ところが様々な機会の中で気が付いた自分の『得意なことや良いところ、素敵なところ』等は、自分だけでは、『自信のもてるもの』としてしっかりと根づくまでに育てることはなかなかできません。残念ながら育たないで消えてしまうことがほとんどです。

それらが育つ為には、周りの人の助けや言葉掛けが必要となります。周りのお友達や大人たちは、その人の良いと感じたことを『すごいね』『かっこいいね』『素敵だね』と言葉にして伝えてあげることがとても大切です。是非、今学期は、自分の良いところを探すとともに、友達の良いところを一生懸命、見付け、そのことをたくさん伝えてあげてもらいたいと思います。

今日は、もう一つだけお伝えしたいと思います。新しい学期が始まる時、心がざわざわ落ち着かなくなったり、生活が楽しくなくなったりすることがあります。悩んでいることや心配なことがあったら、どんな小さなことでも担任の先生やスクールカウンセラーなど、だれでもよいので学園の話しやすい誰かに相談してください。必ず皆さんの力になります。信じてください。

最後にこの夏休み中学部のお兄さん、お姉さんが部活動の大会やコンクールですばらしい活躍をしてくれました。小学部の皆さんにもお祝いしてもらいたいと思います。後ほど、表彰をしたいと思います。

また、8月28日、本学園の代表生徒としてオーストラリア連邦ニューサウスウェルズ州、杉並区交流都市ウィロビー市に派遣されていた8年2組の赤城蓮さんが様々な体験をされ帰国しました。今後、様々な場で体験談等を聞かせてもらいたいと思います。

以上で私からの話を終わりにします。皆さん今学期も頑張ってください。」

サブコンテンツ

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930