第9学年が「平成29年度社会貢献活動」を実施しました(10/7)

学園教育目標「社会に役立つ人」を踏まえ、本学園の特色ある教育活動である「平成29年度社会貢献活動」を第9学年生徒が公益社団法人「日本フィランソロピー協会」にお力添えいただき実施しました。

この活動のねらいは、「社会について考え、主体的に行動し、多くの人々とかかわることによって、自己肯定感を高め、自ら進んで社会のために役立とうとする資質・能力を育てる。」ことにあります。

本年は「インドの子どもたちに明るい未来を!」というスローガンのもと、貧困状態にあるインドの子供たちを支援する為に、10月3日から7日まで、学園内と明大駅前、永福町駅前、中通り商店街や北口商店街での募金活動を行いました。

第9学年の生徒は、それらの活動において「1日30円の寄付等が1年間あれば、インドにおいて、犯罪に的確に行動、判断できる2人の警察官を訓練できること。」「1日170円の寄付が1年間あれば、2人の子どもが保護され、食事ができ、学校で勉強することができること。」等、チラシを配ったり、熱心に呼びかけたりしていました。

結果、202、447円を集めることができました。今年は小学部学芸会での募金活動も行い、多くの募金をいただいた為、昨年より高額となっています。

この活動が目的とする社会貢献意識の育成等は、この募金活動だけで育まれるものではありません。第9学年として、事前学習や活動全体の振り返りの事後学習を通して、また、社会科の公民的分野の授業で行う「国際理解」等の学習と関連付けるなどして、さらに育んで行きたいと考えております。

残念ながら、私は学芸会等と重なってしまい一人一人の生徒の活動する姿等を細かく拝見することができませんでした。事後学習に参加するなどして生徒の成長をしっかり感じて行きたいと思います。

第9学年の皆さん、お疲れ様でした。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30