平成29年度杉並区中学校連合文化祭で本学園の生徒が頑張りました。(11/6)

本年度も11月4日土曜日から、書評座談会、音楽発表会、美術、技術・家庭科作品展などの「平成29年度杉並区中学校連合文化祭」がセシオン杉並、勤労福祉会館を会場に開催されています。

初日の11月4日土曜日の勤労福祉会館で行われた書評座談会では、中学部文芸部の生徒たちがテーマ図書の山本悦子著「夜間中学へようこそ」にかかわる討論を行いました。討論開始前に行われた読後感想では第8学年の木嶋楓さんがパネリストとなり、感じたこと等を堂々と発表していました。

また、セシオン杉並で行われた音楽発表会では、合唱部の生徒が合唱コンクールでも歌ってくれた「てぃんさぐぬ花」「あやつり人形劇場」を森合美希先生の指揮、小田直弥さんの伴奏で発表しました。その後、泉南中学校や東原中学校との合唱のコラボレーションもしました。第9学年の部員が引退し、人数は少なくなってしまいましたが、その思い等を下級生が引継ぎ、素敵な歌声を会場に響かせていました。合唱後はとても大きな拍手を来場者からいただきました。

セシオン杉並に展示された美術や技術・家庭科の授業で作成した作品の展示もどれもこれも完成度の高い素晴らしいものでした。美術作品としては、第7学年の「レタリングと絵文字」、第8学年の「魅力が伝わるパッケージ」、第9学年「手のある風景」「透視図法を用いた平面構成」が展示されています。技術・家庭科作品としては、第7学年の「レターラック」「ファイルカバー」、第8学年の「木工作品」「スウェーデン刺しゅう」、第9学年の「幼児の絵本」が展示されていました。

「杉並子どもサイエンス・グランプリ2017」中学校の部にも、代表生徒となった第7学年6名、第8学年1名の研究作品が展示されていました。

「芸術の秋」、杉並和泉学園の中学部生徒たちの芸術センス、頑張り等をご来場いただいた杉並区に住む方々、他校の生徒・保護者・先生にご披露することができました。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930