元新体操フェアリージャパン、畠山愛理さんの講演会等が行われました(11/7)

11月7日火曜日、本学園の大アリーナにおいて、小学部第4、5、6学年の児童が元新体操フェアリージャパンの畠山愛理さんのお話を聞いたり、新体操の競技に触れたりするなどの取組が行われました。畠山さんは、新体操の日本代表選手として、2016年世界選手権で40年ぶりにメダルを獲得した他、ロンドンオリンピック、リオデジャネイロオリンピックでもすばらしい成績を残された方です。

この取組は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、児童一人一人がオリンピック・パラリンピックへの興味・関心を高めるとともに、自らの夢に向かって一生懸命努力する態度等を育むことを目的にしたものです。

児童の大きな歓声から始まった講演会では、6歳から始めた新体操人生や世界選手権、オリンピックでのエピソード等について話された後、自分自身の夢を実現するために「しなければならないこと」「どのような気持ちでいなければならないか」等について、児童に思いが届くよう、分かりやすく話されていました。

児童たちは、畠山さんの優しい話し方や、苦労話であっても爽やかに「さらり」と話すその様子に魅了されていました。勿論、いただいたお話も子どもたちがこれから夢をもって生きていく上で大変参考になる内容でした。進路の決定に向けて努力が必要な中学部の生徒たちにも是非、聞いてもらいたい内容でした。

講演の後、新体操の様々な競技を体験したり、畠山さんへの質問会をしたりして、あっという間に5、6校時が終了してしまいました。畠山選手は引退して、新たな夢に向かって歩み始めているとのことです。一期一会を大切に、今後も学園のみんなと畠山さんの活躍を願うとともに応援していきたいと思います。

12月2日土曜日授業の日には、今度は元サッカー日本代表のラモス瑠偉さんの講演会を実施する予定です。そちらの方も楽しみにしたいと思います。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930