学校支援本部主催の「わくわく算数レストラン」に155名の小学部児童が参加しました(11/25)

11月25日(土)に学校支援本部主催の「わくわく算数レストラン」が開催されました。

この取組は、平成25年から済美教育センターで杉並区の算数教育の発展に力を尽くされている、高槻義一先生のご指導により行われている取組で、本年度もすでに2回実施されています。

今回は、よりたくさんの児童にこの素晴らしい取組に参加してもらうことを目的に、初めて、本年度から区の事業として開始された放課後等居場所事業「いずみんな」とのコラボレーションで実施することにしました。その結果、第1~6学年の児童155名がこの取組に参加し、算数のおもしろさに触れることとなりました。

内容としては、1・2年生は「4つの数字合わせ」「8枚の四角を動かして」「ペンギンだけにできるかな」、3~6年生は「34をつくろう」「3Dボックス」「立体パズル」「一の位だけたして」に取り組みました。自分で考える時間と友達と相談する時間が大切です。しっかり悩んで、充実した2時間を過ごし、「おなかすいた!」とつぶやきながら帰っていきました。

この取組は、高槻先生の考案された「思考力・表現力を伸ばす算数」「創造性を伸ばす算数」をもとに実施されており、より多くの子どもたちに「算数のおもしろさを知ってもらいたい」という先生の熱い思いに支えられているものです。高槻先生には、心から感謝しております。また、当日は、多くの保護者の皆様にもお手伝いいただきました。本当にありがとうございます。

この後、12月2日土曜日に第1学年、1月27日土曜日に第4学年、2月17日土曜日には第6学年対象に内容を絞って実施いたします。より多くの保護者、地域の方にご参加いただけましたら幸いです。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031