小学部5組仲よし学級、中学部5組の素敵な作品(1/22)

1月22日月曜日、セシオン杉並で開催されている「平成29年度杉並区立特別支援学級・特別支援学校 連合展覧会」を見学してきました。

会場入口前のスペースに、小学部5組仲よし学級・中学部5組が日々の授業等において作成した、様々な作品が提示されていました。どれも力作で、その感性の豊かさを感じるものでした。一緒に見学した学校支援本部の方も、展示されてる本学園の児童・生徒の作品の出来栄えにびっくりされておられました。

特に、小学部の「茶碗と和菓子の焼き物」「フォトフレーム」や中学部の「書初め」「ティッシュケース」「木工作品の本立て」等は、その芸術性や絵を描く技術等に驚かされました。

私は同行できませんでしたが、1月23日火曜日には、雪の積もる道を歩き、バスに乗って小学部5組仲よし学級の児童、中学部5組の生徒も展覧会に見学に行きました。自分の作品が飾られている様子を見て、皆がきっと、自慢気な表情を見せたのだと思います。

この展覧会は残念ながら1月23日で終わってしまいます。今後、学園にも飾り、たくさんの児童・生徒や保護者の皆様等にご覧いただきたいと思っています。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930