葛西臨海水族園へ遠足に行きました。

大流行したインフルエンザによって2月8日から延期になった5組仲よし学級の遠足が、3月2日(金)に行われました。行き先は葛西臨海水族園です。当日は、子供たち全員が元気に登校し、天気も快晴、まさに遠足日和となりました。

行きのバスの中では、6年生が考えたバスレクを行いました。東京都の名所に関するクイズや仲よし学級に関する〇☓クイズなどが出題されました。バスの車窓からは、東京タワーやレインボーブリッジ、お台場など東京の名所が見え、子供たちから「東京タワーだ!」「レインボーブリッジだ!」と歓声が上がりました。

いよいよ水族園に到着です。最初は、『おすしいただきます』という水族園の団体プログラムを見学しました。マグロ、タコ、ウニが住んでいるところや体のつくり、捕り方などを学習しました。「今日のお弁当に、海の生き物入っているかな。」と話している子もいました。

 「ウニの口はどこだろう?」

待ちに待ったお弁当は、外のテーブル席で暖かな日差しの中、縦割りのグループで食べました。「おにぎりの海苔も海の生き物だ。」「おにぎりの具が鮭だよ。」と水族園の方から教えてもらったことに気付いた子もいました。

昼食後は、縦割りのグループで園内を見学しました。大きなサメやマグロなどの魚に驚く姿、ペンギンの可愛らしい姿に「かわいいね。」と話す姿、カクレクマノミなどのきれいな魚に感動する姿、海の生き物に親しむ様々な子供たちの姿を見ることができました。

 「サメ大きいね!」

 「マグロはずっと泳いでる!」

 「ペンギンかわいいな!」

お土産もお目当てのものを買うことができました。事前にお店で商品を買う学習をしていたこともあって、自分で商品を選び、レジに並び、1000円札を出し、お釣りとレシートをもらい、落とさないように財布に入れるという流れがしっかりとできました。子供たちにとって大きな自信になったと思います。

帰りのバスの中では、一日楽しみすぎて疲れが出たのか、寝ている子もいました。しかし、6年生は疲れにも負けずバスレクをしました。京王線に関する〇☓クイズも出題し、盛り上がりました。帰りの車窓は、東京スカイツリー、両国国技館、浅草雷門、東京駅、皇居、国会議事堂、新宿駅などを見ることができ、さながら東京の名所観光ツアーのようでした。

学校に帰ってきた子供たちは、口々に「楽しかった。」と話し、少し疲れが見えながらも満足そうな表情をしていました。この遠足は、6年生3人との最後の校外学習でした。6年生は1年間、縦割りグループのリーダーとして活躍することができ、今回の遠足でもリーダーとして立派な態度を見せてくれました。下校前に、リーダーを立派に務めてくれた6年生3人に1~5年生から感謝の気持ちをこめて「ありがとうございました。」の言葉を贈りました。

1年間のまとめとして素晴らしい校外学習になりました。また、卒業、進級といった次のステップに向けて、子供たちは貴重な経験をして大きく自信をつけたと思います。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30