杉並区中学生レスキュー隊合同訓練と修了式が行われました。(3/7)

3月4日日曜日、平成29年度杉並区中学生レスキュー隊の第2回合同訓練と修了式が行われ、本学園のレスキュー隊生徒10名が参加及び参列しました。

この「杉並区中学生レスキュー隊」は、いざ震災等の災害や事故等が起こった際に、中学生としてできる範囲の救命活動、ボランティア活動等ができるよう訓練するという設置目的に賛同した生徒による訓練を中心にした活動です。今回の第二回の訓練は、残念ながら定員を10名に絞られていたため、全員の中学生レスキュー隊が参加することはできませんでしたが、参加した生徒は、「AEDによる救命訓練」「起震車体験」「ガスによる事故回避についての実習」等を行いました。

修了式では、杉並区の井出教育長からお話をいただいた後、代表生徒に終了証と3年間参加した生徒への記念品が授与されました。

東日本大地震から、7年が経とうとしています。その地震の一番の教訓は、大きな災害が発生した際には、地域の皆が支え合い、労わり合い、協力して自分たちの力でその危機を乗り越えていかなければならないということです。

中学生レスキュー隊は白と黒のウィンドブレーカーと黒のアポロキャップが全員に渡されます。これは、活動への参加賞として渡されたのではありません。いざ、震災があった時に震災救援所等でボランティアの一員として動くユニフォームです。高校生になっても、大人になってもこのウィンドブレーカーを着て、避難所等で活躍してもらいたいと思います。大きな災害の発生時には、人は、頼れるだれかを求めます。その頼れる誰かが「中学生レスキュー隊」であると確信しています。

3年間活動に参加してくれた岡村萌々子さん、大串和佳那さん、本当にお疲れ様でした。また、8名の9年生はこれで中学生レスキューは卒業となりますが、7年生、8年生の皆さんには、是非、来年度の活動に参加してもらいたいと思います。

本当に参加、ありがとうございます。お疲れ様でした。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930