6学年児童が起業家教育の取組でタオル販売を行いました(3/6,8,9)

3月6日火曜日、3月8日木曜日、3月9日金曜日の3日間、起業家教育の取組として、6年生の児童が自分たちで会社を立ち上げ、商品化した今治製のタオル販売を永福商店街で行いました。

この取組は、本学園の9年間を通して進めるキャリア教育の取組で、起業(会社づくり)の過程である、「会社設立」「出資金集め(株式公開)」「商品企画」「販売体験」の経験を通して、将来の夢の実現に向けた意識を育てたり、望ましい職業観・勤労観を身に付けたりすることを目的に実施します。

今回は、その最終段階として、本年度の開発した商品である自主デザインの今治製ハンドタオルを販売する学習活動でした。6日火曜日は6年3組、8日木曜日は6年1組、9日金曜日は6年2組でした。木曜日、金曜日は冷たい雨が降っていましたが、その雨にも負けず、児童たちは大きな声で自慢の商品を販売していました。結果、どの学級の商品も完売することができました。

総売り上げは、21万7,500円で、生産コスト等を差し引いた1万5,918円をユニセフに寄付することとなっています。

私も約4か月前、商品化するデザインを決定するための児童によるプレゼンテーションの会(コンペ)に参加しました。その際に選んだデザイン画が、素敵な商品となり、無事に商店街で販売されたことを嬉しく思うとともに、6年生児童の頑張る姿にとても感激しました。

今後、本学園の教育目標「◎社会に役立つ人」を育てる取組、中学部のキャリア教育にかかわる学習に繋がる取組として、さらに創意工夫され、下級生に引き継がれていくことを願っています。

また、この取組が6年生一人一人にとって、将来、職業に就き、何か事業等を立ち上げる機会に遭遇した時、きっと役立つことを信じています。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30