在校生が卒業生に感謝の気持ちを伝える会が行われました(3/7)

3月7日水曜日、大アリーナで在校生(1年生~5年生)が卒業生を控える卒業生(6年生)に、感謝の気持ちを歌・合奏、呼びかけ、パフォーマンス等で伝える「6年生を送る会」が行われました。

会の始め卒業生は、1年生のエスコートで、3年生がリコーダーを演奏する中、2年生が作った花のアーチを通り、たくさんの児童・教員の拍手の祝福を受け、大アリーナに入場しました。

代表児童、学園長が挨拶をした後、各学年や5組仲よし学級が、大アリーナ前方の「お客さん席」に座る6年生の為に、一生懸命、心を込めて、それまでに練習をしてきた歌等を歌ったり演じたりしました。

どの学年・学級のプログラムも、感謝の気持ちを伝えるために、たいへん工夫されたものでした。6年生の児童の中には、在校生の発表を見ながら涙する児童も数名いました。また、5年生がプログラムの中の「ダンシング・ヒーロー」を踊る場面では、卒業生の何人かの男子が一緒に踊るなど、場の雰囲気を盛り上げてもくれました。

祝福を受ける卒業生の表情も立派で、在校生の発表等を真剣に聞き、その感謝の思いを受け止めているようでした。プログラムの終盤の6年生の合奏もすばらしく、在校生から何度もアンコールがかかりました。全体を通して心温まる素敵な会でした。

最後に卒業生代表児童が、「中学部では生徒会に入りたいです。皆で一緒によりよい学園にしていきましょう。」という力強い挨拶をして会を締めくくりました。

私も感動で涙が出そうでした。

卒業生は、後2週間ほどで小学部を卒業していきます。大半の児童は中学部に入学することになっているものの、3割ほどの児童がこの杉並和泉学園を巣立っていきます。

卒業生のこれから中学部・中学校での活躍、成長に心から期待しています。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30