男子硬式テニス部ダブルス本戦

5月3日、男子硬式テニス部の選手権大会個人戦、ダブルス本戦がありました。9年生にとっては、個人戦は引退前の最後の大会でした。

硬式テニス部は、3ブロック(杉並区、中野区、練馬区)を勝ち上がらないと都大会には行けません。しかし、3ブロックは、スクールに通いジュニアの大会に参加している強豪が多く、勝ち上がるのが大変困難です。そんな中、硬式テニス部9年生の竹内大河君、河村優太君が予選4ラウンドを勝ち上がり、本戦へと駒を進めました。スクールに通わず部活動のみで本戦に勝ち上がっている生徒は他にはほとんどいない中での大健闘です。

この日の本戦1ラウンドは、強豪校の練馬区立石神井東中学校でした。練習の成果を発揮して、ラリーをつなぎながら必死に攻めましたが、残念ながらあと一歩及ばず、負けてしまいました。とてもいい試合をしていて、周りで応援している人たちも見ていて楽しい試合でした。ちなみに、この時の対戦相手は、その後の本戦で勝ち上がり、優勝していました。

和泉中学校はこれで全員姿を消してしまいましたが、それでも、221ペア参加している中でベスト16に入る大健闘でした。本人たちにも、学校の部活動だけでここまで強くなったことを誇りに思ってほしいものです。

引退までに残る公式戦は団体戦が2つあります。今度は9年生みんなの力で勝ち上がれるよう頑張りたいと思います。みなさんの応援をよろしくお願いします。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30