日本代表選手によるブラインドサッカー教室を実施しました(5/22・24)

5月22日(火)、24日(木)の二日間、小学部4・5年生、仲よし学級、中学部5組の児童・生徒がブラインドサッカー日本代表選手として活躍されている方々から、「ブラインドサッカーとはどのようなスポーツか」「視覚障害者の方との関わり方」等について、実際、児童たちが競技を体験する中で教えていただきました。5月22日(火)は、東京パラリンピック出場を目指すブラインドサッカー女子日本代表主将の原 舞香 (はら まいか)氏とブラインドサッカー男子日本代表選手の寺内 一 (てらうち はじめ)氏にご指導いただきました。

5月24日(水)は、元パラリンピック陸上競技、自転車競技メダリスト、ブラインドサッカー男子日本代表選手の葭原 茂男 (よしはら しげお)氏にご指導いただきました。

本学園小学部としては、2020東京オリンピック・パラリンピックを目指して行う「オリ・パラ教育」として、教育課程に位置付け実施しましたが、計画・準備・運営を担っていたただいたのは、小学部PTA役員の方々でした。

「オリ・パラ教育(オリンピック・パラリンピック教育)とは、オリンピック・パラリンピック競技大会の開催国において、オリンピック・パラリンピックのついての正しい理解やスポーツに対する関心・意欲・態度を高めたり、ホスト国としての役割の理解、国際理解等を深めたりする教育とされています。そして、今回の取組はその中でも障害者スポーツの体験などにより、パラリンピックや障害者に対する理解を深める目的で実施されたものです。

児童・生徒たちは、大きな歓声をあげながら、さまざまな練習にチャレンジをしていました。何人かの児童と話してみましたが、この体験が一人一人にとって、驚きと感動あふれるものであったことが良く分かりました。

私も、当日、アイマスクを着けて運動をしましたが、この競技についての関心が深まるとともに、改めて傷害者スポーツについて深く考えるきっかけとなりました。

本学園にお出でいただいた選手の皆さんのこれから活躍を心から願うとともに、このような機会を与えてくださった日本ブラインドサッカー協会の方々、ご支援いたたいた小学部PTAの皆さんに心より感謝申し上げます。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930