中学部の先生が行う「第1回おもしろ理科実験教室」が実施されました(5/26)

5月26日土曜日の2校時、中学部2階第1理科室において、第4学年の児童が、授業参観に参加した保護者の方々とともに、中学部の先生が行う「おもしろ理科実験教室」に参加し、「空気の力(気圧)」についての実験をしました。

この「おもしろ理科実験教室」は、小学部の児童が少しでも中学部で行う理科の面白さを知り、科学への興味関心をはぐくむために、本年度より実施するものです。第1回は小学部第4学年の児童を対象として実施しましたが、今後、さらに小・中学部の先生が協力して、児童が「科学的な事象について、もっと知りたい」と関心が高まるプログラムを開発していく予定です。

小学部児童にとっての理科は、人気の教科の一つで、不思議な科学的な事象や生き物の生態等について、多くの児童が興味関心をもっています。ところが、中学校・中学部に入ると少しずつ難しい領域に踏み込んでいくためか、「理科離れ」が進んでいく現状がどの学校ででも見受けられます。

小学部で実施されている理科授業が、中学部の理科授業のどのような学習につながっているかなどを、中学部の先生とのかかわりや知的好奇心が喚起される実験等を通して知ることは、この中学部での理科離れを少しでも防ぐ手立てとなることが期待できます。また、中学部の先生との交流は、小学部児童の中学部への期待感を高めることにもつながります。

実際、この授業に参加した児童からは、「さいとう先生の授業を受けて、もっと理科が好きになった」「空気のひみつをいっぱい知れてよかった」「また機会があればやりたい」などの感想が出ていました。

さらに、土曜日授業の日に実施することで、保護者の方にも小中一貫教育校の良さを感じていただけるものと考えます。

この「おもしろ理科教室」の他、他教科においても、中学部の先生の教科専門性を活用した授業を学園としても推し進め、小学部・中学部の連続性のある教育をさらに充実したものにしていきたいと思っています。

ちなみに中学部理科の齋藤先生は、小学部で飼育しているモルモット「ミルク」と「ココア」の事が大好きで、その横を通る度に声をかける、とても動物好きで優しい先生です。

サブコンテンツ

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930