初めて200名を超えた学園の中学部生徒により、平成30年度運動会が開催されました(6/9)

6月9日(土)、晴天の中、小学部児童、ご来賓、保護者、地域の皆さまのご声援を受けながら、区内中学校唯一の芝生校庭の上で「平成30年度運動会」が開催されました。

開会式から閉会式までの約6時間、一つ一つのプログラムから、目を離すことが出来ない程、生徒全員が「全力で、最後まで、自らと学級のプライドを懸けて」頑張りました。正にそれは、本年度運動会のスローガン「力戦奮闘」する姿でした。そして、幾つもの感動的な場面に出会う事も出来ました。

その中でも、私が委員会や各係の生徒の献身的に頑張る姿に加え、感動した場面は、

① 開会式前の入場行進。

〇 旗手を先頭に、全学年が力強く行進していました。その行進も、縦列と横列が綺麗に揃っており、その美しさに感動しました。

② 生徒代表の 野村 楓 君(9-2)による開式の言葉。

〇 朝礼台の上に用意されていたスタンドマイクを横に置き、マイクを通さない生の大きな声で開式の言葉を9年生の野村君が堂々と発していました。

③ 実行委員長 片淵 奈乃香 さん(9-1)、副委員長 西田 邦彦 君(9-1)による選手宣誓。

〇 実に堂々と清々しく、そして、やる気に満ちた選手宣誓でした。

〇「宣誓。私たち杉並和泉学園中学部生徒一同は、スポーツマンシップに則り、今まで仲間と共に努力してきた成果を発揮し、正々堂々と戦うことを誓います。」「宣誓。我々は、今年のスローガン、力戦奮闘、太陽より熱く、光より早く突き進めをもとに、最後まで諦めず、全力で運動会に挑みます。そして、数々のオリンピック選手が見ている人を魅了したように、私たちも今まで支えて下さった、家族、先生方、地域の方々に成長した姿を見せ、競技に取り組む姿勢に感動してもらえるよう、一生懸命、頑張ります。」

④ 女子1,000m走、男子1,500m走。

〇 全員が苦しい中、ゴール目指して精一杯の頑張りを見せてくれました。女子では9年生同士の駆け引きに驚かされました。また、男子は8年生入江君の力強い走りが圧巻でした。

⑤ いかだ流し「和泉の架橋」での7年生生徒による5組サポート。

〇 7年生は初めての元年競技、とても頑張っていました。1組、2組がゴールした後、5組チームのサポートに皆が駆けつけてくれました。

⑥ 小学部児童による元気な声援。

〇 今年は、白と青の旗を振って一生懸命応援してくれました。

⑦ ダンスパフォーマンス部が、中学部初めての「表現」活動に挑戦したこと。

〇 8年生、9年生の有志が、躍動感のあるダンスパフォーマンスを見せてくれました。運動会の伝統となりえる演技として、次年度以降、他の学年を巻き込んだ実施を期待しています。

⑧「大縄跳び」で学園史上初となる200回を超えた記録(新記録)を出したこと。

〇 9-2がついに200回を超える新記録を出しました。5組も予行練習から想像できない好結果を記録しました。

⑨「選抜綱引き」「選抜リレー」で白組が奇跡の大逆転を実現したこと。

〇 最後の最後までどちらが勝利するのか分からない程、大接戦でした。大縄跳びまで負けていた白組が逆転勝利をしました。勝者の涙、敗者の涙、両方を朝礼台の上から見ることができました。「力戦奮闘」の証です。

⑩ 生徒代表 斎藤 咲花 さん(8-2)による閉会の言葉の立派さ。

〇 斎藤さんは原稿無しで各学年の頑張りを称えた後、「私たち8年生は、9年生の運動会に取り組む姿勢を見習い、来年、私たちが最高学年として、中学部を引っ張っていけるよう頑張ります。そして、さらに熱く、素晴らしい運動会になるよう心・技・体を磨いていきます。」と力強い締めくくりをしてくれました。

⑪ 各学級で作り上げた「学級旗」の出来栄えの素晴らしさ。

〇 各学級の作る学級旗の出来栄えが素晴らしく、各学級の団結力を増幅してくれました。

⑫ 小学部の先生たちの会場設営でのご協力。

〇 沢山の小学部の先生が、夕方、そして朝早く会場準備のお手伝いをしてくれました。また、自分が教えた生徒たちの成長した姿を心から応援してくださいました。

 

その他にも沢山の生徒の姿に心動かされました。最高の運動会でした。

今年のスローガン「力戦奮闘 ―太陽より熱く 光より速く 突き進め―」は、小学部児童と中学部生徒が協力して決定したものです。このスローガンは秋の小学部の運動会に引き継がれます。

中学部運動会に刺激を受けた小学部児童が、今回の中学部運動会の様に、学園史上、最高の小学部運動会を創造する事を心から期待したいと思います。そして、その事が小中一貫教育校の良さでもあると考えています。

サブコンテンツ

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031