「平成30年7月豪雨」で被災された子どもたちの為に(7/22)

 

7月17日(火)から3日間の登校時、小学部の代表委員と中学部生徒会、ボランティア部が協力して、「平成30年7月豪雨」で被災された子どもたちの為に、募金活動を行いました。
この募金活動は、小・中学部のPTAの募金活動をして現地の子どもたちを助けたいという働きかけに小・中学部の代表委員会、生徒会、教職員等が共感し行ったもので、学園の児童・生徒とその保護者、教職員から合計190,826円ものご支援を受けました。
集めたお金は、国際NGOセーブ・ザ・チルドレンに寄付させていただきました。今後、セーブ・ザ・チルドレンにより、直接子供達の安全や教育を守る目的で使われることとなります。
また、本学園も神田川がすぐ脇に流れており、特別警報が発せられるような大雨等の事態になった時、はるかに予想を超えた被害が生じることも考えられます。今後、この大災害の悲惨な状況を忘れることなく、児童・生徒一人一人の防災意識やボランティア精神等を高めていくとともに、被災された方々の為に何ができるかを募金活動が終わっても考え続け、行動していきたいと思っております。
当日、暑い中、お手伝いいただきました小学部・中学部PTAの皆さま、募金(寄付)をしてくれた児童・生徒及び保護者の方々に心より感謝したいと思います。
そして、1日でも早く、被災された方々に笑顔の日々が戻ってくることを切に願うとともに、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

サブコンテンツ

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031