平成30年度2学期が始まりました(8/30)

8月30日木曜日、2学期の始業式を大アリーナで行いました。

今回も大アリーナで式を実施するか、1学期の終業式と同じく放送による集会をするかを判断する目的で、副学園長と大アリーナの確認に行ったところ、室温も27℃、涼しい風も流れていた事から大アリーナで計画通りに実施することにしました。(式典での着用ルールのある中学部のネクタイ、リボンは念のために外して集合することに。)

ところが、900人を超える児童・生徒が入ると、その熱気で室温があっという間に29℃位に上昇してしまいました。

しかし、1年生から9年生の児童・生徒の参列する態度は、久しぶりの登校であるにもかかわらず、整然としていて、立派でした。

これまで中学部の自覚のある立派な態度に対して、小学部最高学年の6年生が、時に少し落ち着かない様子を見せることがあったので、式でのしっかりとした態度にとても驚きました。きっと、今学期に向けで一人一人が「頑張らねばならない。」という思いをもって参列したのだと思います。

私の式での話は、「新しい学期を迎えるにあたって、それぞれがもう一度、目標・めあてをしっかりと定めてもらいたいこと。」や「9年生は高校進学等に向かって、全力を尽くし勉強すべき時であること。」「6年生は、小学部のリーダーとして自覚をもち、運動会、展覧会で悔いの残らない活躍をしてもらいたいということ。」「3年生はしっかり勉強をして、つまずきを作らないこと。」等、各学年の児童・生徒に期待することを伝えました。

いよいよ、最も長い学期、2学期が始まります。今学期は、小学部は運動会、展覧会、中学部は合唱コンクールという大きな行事も実施されます。それらの行事を通して、児童・生徒がどのように成長していくか、楽しみでなりません。

しかし、本学園の児童・生徒の課題は、「学力向上」にあります。それらの行事ばかりに気をとられるのではなく、「学校での勉強」と「家庭での学習」との好循環を、それぞれの児童・生徒が作り、自分自身の学習上の課題解決を図っていってもらいたいと思います。そのために必要な指導・支援については、学級担任、学年組織を中心に、杉並和泉学園の教職員が一丸となり頑張っていきたいと思います。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30