自慢の生徒の素晴らしい歌声が「風のホール」に響きました(10/26)

10月26日金曜日、中学部最大の文化的行事「合唱コンクール(以下、合唱コン)」が三鷹市にある「風のホール」で行われました。平成元号のつく最後の合唱コンでしたが、生徒たちの頑張りは勿論、「保護者PTA合唱」「いずみ風舞の太鼓演奏」「教職員合唱・アンサンブル」などのプログラムにより、皆で作りあげた一体感の感じられる素敵なイベントとなりました。

今年のグランプリは9年1組、金賞はグランプリ学級に加え、9年2組、8年2組でした。それに続く、銀賞は8年1組、銅賞は7年生の2学級でした。そして、5組の生徒たちには、「すばらしい仲間とともに生きてゆくで賞」という特別賞を授与しました。コンクールなので順位はつけなければなりませんが、参加した生徒全員に「皆を感動させたで賞」をあげたくなる頑張りでした。

どの学級も合唱コンを目指し、練習を積んできましたが、その中でも9年生は、学園生活最後の大きな行事となるため、「グランプリを獲得したい」「中学部最後の行事を成功させたい」「自分たちの成長した姿を皆の心に焼き付けたい」「後輩に思いを繋げたい」等の強いメッセージを曲に込めていたように思えました。

5組も同様、9年生2人の力強い歌声と下学年のはつらつとした歌声が重なり合い、他に感動を与える素晴らしい合唱を聴かせてくれました。

合唱部の生徒たちもコンクール金賞受賞曲などの素晴らしい歌声を披露してくれました。この合唱部の生徒たちが、本学園の学級合唱の質を各段に高めているのは間違いありません。

PTA合唱や教職員合唱からも、「大切な生徒たちを皆で支えよう」「合唱コンクールをともに成功させよう」という温かな想いが伝わってきました。また、保護者の方々の音楽への興味・関心やその才能などをしっかりと子供たちが受け継いでいることも感じました。

開園4年目、まだ6学級の学園ですが、和泉中学校時代からの確かな伝統を引き継ぎ、「日本一質の高い合唱コンクール」(そう私は信じています。)ができる素晴らしい生徒たちが集う、そして、素晴らしい保護者、地域の応援団に支えられた学園であることを実感することができました。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031