6年生が7カ国出身のALTと英語のワークショップを行いました(11/21)

11月21日水曜日、小アリーナで6年生が英語のコミュニケーション力を高める取組として、6カ国(アメリカ、イギリス、ガーナ、ジャマイカ、ニュージーランド、フィリピン)からいらした12名のALTとワークショップ型の英語活動を行いました。

参加した児童は、ALTと小学校1年生から少しずつ積み上げた英語力を用いて積極的に会話をしていました。

その様子を見ていた杉並区教育委員会の方から、「さすが、杉並和泉学園の6年生ですね。英語を使おうという意欲あふれる子供たちは他の学校ではなかなか見られません。1年生の時からの英語学習の積み重ねの成果でしょう。」というお褒めの言葉をいただきました。

参加した6年生児童からは、「外国の人と英語で会話ができて、自分が英語を話せるようになっていたことに驚いた。」「笑顔で頷きながら話すことを頑張ったら、自然とコミュニケーションがとれるようになり、外国の人と接することが楽しいと思えた。」等の感想が聞かれました。

学園だよりにも書きましたが、本学園は、英語学習に大きな特色をもつ学校で、9年間を通した独自の英語カリキュラムによる教育を進めています。しかし、全国の小学校で教科としての英語(外国語)が開始されようとしている今、これまで積み上げてきた本学園の英語教育を、もう一度、本学園の強みである中学部英語科の先生の専門性験等を生かした学園ならではの英語教育として創造し直す時期を迎えています。今後も、小学部英語専科と中学部の英語科教員が協働して、「本学園ならでは」の9年間を通して行う、英語教育を進めていきたいと思います。

その事により、今回見られた、英語によるコミュニケーションを意欲的に図る6年生の姿が、中学部入学後、毎日の英語の授業や体験学習等を通して、さらに磨かれていく事を願っています。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031