家庭教育講座が開催されました(1/12)

1月12日土曜日、「心のストレッチ」を題として、声優 佐久間レイ 氏による講演会(家庭教育講座)が小学部PTA主催で実施されました。

内容は、「それ行け! アンパンマン」のバタ子さんや「魔女の宅急便」の黒猫ジジなど大人から子供まで誰もが知っているアニメの声優である佐久間氏が、ご自身の経験から得た人生観などを、押し付けることなく語りかけてくださるものでした。特に、子育て期にある保護者の皆さん方にとっては、心が元気づけられるひと時であったと思います。

子育て期をずいぶん前に終えている私自身も、心が温かくなったり、涙腺が緩くなったりする場面が何度もありました。何よりも佐久間氏が、母親としても職業人としても、「逞しく」「しなやかに」生きている姿に心が揺さぶられました。そして是非、中学部の生徒たちにも聞かせてあげたくなりました。

今年の夏、オーストラリアの海外派遣のプログラムの一つとして、NHKのシドニー支局を訪問し、派遣生とともに記者である小宮理沙氏からお話を伺いました。小宮氏は日本にご家族を残して単身でこの支局に赴任され、現地のスタッフとともにオセアニアの国々を飛び回るなど、国際派ジャーナリストとしての職責をしつかりと果たされておられました。その時にもその生き方に感動し、是非、学園の中学部生徒に国際社会で活躍する女性の思い等に触れさせたいという気持ちになりました。

今、日本では、女性の社会進出が進みつつあるものの、まだまだ途上であることは誰もが感じることです。佐久間氏が講演会の最後で演じられた「一人芝居」での母と子のやり取りは、生徒たちが大人になった時に直面する日常の出来事かもしれません。そして、その母と子のやり取りの芝居を男子生徒が見ることにもとても意味があると思います。

今回は、家庭教育講座という事で保護者の皆さんを主な対象とされていましたが、今回の主題である「強がらなくてもいいんだよ」「弱音を吐いてもいいんだよ」という心のストレッチの話や、佐久間氏の生き方についてのお話は、現在様々な悩みを抱えて生きる生徒たちの柔らかな心に響くものであると思います。そして、幼児期や小学生の時に聴いていた「アンパンマンの歌」がどのようなメッセージをもつものであったかを知ることも、とても学びとなるものだと思います。そんな事を感じた佐久間氏の講演会でした。

 

サブコンテンツ

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930