学園の生徒と先生の顕著な活躍が杉並区教育委員会に認められました(1/18)

1月18日金曜日、杉並区役所で平成30年度における文化芸術活動で顕著に活躍をした児童・生徒に贈られる「杉並区学校文化栄誉顕彰(以下、栄誉顕彰)」と学校内外で区の学校教育に貢献した教職員に贈られる「杉並区教育委員会教職員表彰(以下、教職員表彰)」の表彰式が行われました。

栄誉顕彰では、税の作文コンクールで、東京国税局管内納税貯蓄組合連合会優秀賞を受賞した9年生の赤城蓮さんが表彰を受けました。最上級生の受賞は、下級生の励みになることです。

教職員表彰では、杉並区の進めるICT教育や小中一貫教育の進展に寄与した荒木憲秀統括副学園長と区全体の特別支援教育の充実等に寄与した中学部5組の新田匡主幹教諭、根津智大主任教諭が表彰されました。

また、団体の部において、杉並和泉学園が、杉並区教育委員会教育課題研究指定校としての功績が認められ、表彰されました。

本学園の9年生の生徒、3人の教職員が個人賞を受賞したこと、学園の研究活動が認められたことは、学園としての底力を示すもので、とても名誉なことです。

学園の児童・生徒、保護者・地域の皆さん、教職員で喜びを分かち合いたいと思います。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930