“あたたかな空気に包まれた”6年生を送る会でした(3/1)

3月1日金曜日、3・4校時、本学園大アリーナで6年生を送る会が“あたたかな空気に包まれて”行われました。
この6年生を送る会は、小学部の1年生から5年生が、3月23日に学園の小学部を巣立つ6年生に歌や呼びかけ、ダンスパフォーマンスなどの出し物により、感謝の気持ちを伝える会です。そして、それらの心を込めた発表に6年生が、合唱や合奏により応えていきます。
卒業式には、在校生代表である5年生のみ参列しますので、4年生以下の学年にとって、感謝の気持ちを伝える最後の機会になります。

1年生と手を繋ぎ、2年生の作る花のアーチをくぐって入場する6年生の姿は、照れくさそうではありましたが、晴れがましく見えました。花のアーチを作る2年生が、背の高い6年生が通る度に一生懸命に背伸びする姿も、とても素敵でした。

それぞれの学年・学級の出し物は、「6年生に感謝の気持ちを伝えたい。」「喜んでもらいたい。」「中学校でも頑張ってもらいたい。」「私たちの事を忘れないでもらいたい。」という願いのこもったものでした。
4年生の出し物では、5・6年生時の学級担任の先生がダンスに参加するなどの「ビックリ企画」もありました。
下級生の祝福に応える形で行う6年生の発表も、6年間の成長を感じさせる“涙の出るくらい”素晴らしい合唱、合奏でした。
演奏にも感激しましたが、6年生が、下級生の発表を見つめる優しい表情にも心打たれました。
6年生と下級生、それぞれの感謝の思いが繋がる素晴らしい6年生を送る会でした。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031