6年生が自分たちで商品化したエコバッグを販売しました(3/8)

3月6日水曜日から8日金曜日までの3日間、卒業式まで後2週間となる第6学年の児童たちが自分たちで企画・デザイン・商品化したエコバッグを永福町北口の商店街「永福町駅北口商和会」の路上で販売しました。

初日、2日目と天気が悪く、雨の中の販売となることもありましたが、児童たちは自分たちの作った商品を元気一杯に販売していました。その大きな声は商店街に響きわたるほどでした。

起業家教育に位置付けられるこの取組「商品開発プロジェクト」は、本学園の9年間を通して系統性、連続性をもって進めるキャリア教育(望ましい職業観・勤労観をはぐくむ教育)に位置付けられた学習です。今回は、自分たちで「和泉製作所」という架空の企業を設立することから始めています。起業の過程では、出資者を募るなどの取組を行った他、商品のデザインは各学級のグループごとにデザイン案を作り、プロのデザイナーや学校運営協議会(CS)の委員の方々にプレゼンテーション「商品評価会」を行い決定されていきました。

今回の商品「エコバッグ」の街頭での販売は、そのまとめの活動となります。それぞれの思いがこもった、子供たちの頑張りと和泉に住む町の方々のご協力で、完売となりました。

出資者に配当するところまでの活動となる為、活動はもう少し継続されますが、卒業後にも児童一人一人の思い出に残る学習となりました。そして、この取組を通して、学園ではぐくみたい、3つのC「Create」「Communicate」「Challenge」の精神が高めらました。

卒業式を控える100名の6年生が、とても頑張りました。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031