2019年度(平成31年度)がスタートしました(4/6)

平成31年4月6日土曜日、平成31年度始業式と小学部入学式が桜の咲く、温かな春の日差しの中、挙行されました。
美しい芝生校庭の上で行われまた始業式では、2年生から9年生(7年生以外)それぞれが1学年進級した事をしっかりと自覚できているように見えました。
私からは、「それぞれの学部、上級生が下級生のお手本となれるよう頑張ること。特に、義務教育最後の1年となる9年生は、学園のリーダーとして、自らの人間性を高めること。」「小学部であっても、本学園の児童・生徒のはぐくむべき『精神』『学園魂』である3つのCの付く英単語『Create、Communicate、Challenge』をしっかり覚え、それらを日々の学園生活で磨くこと。」「全員でいじめと暴力を許さない学園文化をつくること。」をメッセージとして伝えました。
小学部入学式は、土曜日ということもあり、例年よりも多い保護者の方にご出席いただく中、たくさんのご来賓の皆様にのご臨席を賜り、盛況に挙行することができました。
開式にあたり、第9学年の生徒全員でお祝いの歌を合唱してくれましたが、このアトラクションにより、小学部に入学する保護者の方の多くが、お子様の9年後の逞しく成長する姿を思い描いていただけたものと思います。
また、閉式の際に行われた第2学年の児童による元気一杯の英語劇も、本学園の一番の特色である英語教育の成果と1年後の成長を感じていただけたものと考えます。
私は、式辞の中で「本年度の新1年生143名の入学を心から喜んでいること」「学園でしっかりと学んでもらいたいこと」等を子供たちに伝えるとともに、保護者の皆様へ、お子様の成長と安全な学園生活を約束させていただきました。
新1年生は平成最後の小学部新入生であるとともに、新元号「令和」の時代に育つ子供たちです。新元号の意味が「一人一人が美しくかかわり合う中で新しい文化を創り出す」ということであるのなら、新1年生143名は、正にこの学園を文化を創造(Create)する中心となる児童となります。その成長と活躍に心より期待しています。
本年度、最初の「ゆーいぎな話」の結びにあたり、学園の960名の児童・生徒の皆さん、そして保護者の皆様、ご入学、ご進学、ご進級、誠におめでとうございます。

 

サブコンテンツ

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930