校長あいさつ

 皆さんこんにちは。本校ホームページをご覧いただきありがとうございます。今年度(平成30)4月から本校校長を務めさせていただいている加納直樹(かのうなおき)です。どうぞよろしくお願いいたします。
 本校は、昭和314月に開校し、今年で創立62年目を迎えております。この間、卒業生の方々をはじめ、地域・保護者の皆様の温かなご支援をいただきながら、着実に歴史と伝統を創造してまいりました。おかげさまで、500名を超える三谷小学校児童たちは、大変落ち着いた環境のもと、どの子も勉強に運動に学校生活を楽しく過ごせています。
 現在本校では、平成28年度より東京都教育委員会より『アクティブライフ研究実践校』の指定を受け、3年間の取組の集大成ともいえる3年目を迎えています。
 この取組は、食育、運動、保健・生活習慣といった、健康教育を地域・家庭と協力しながら、子供たちのこころの健康・からだの健康づくりを推進していこうと始めたものです。
 子供たちの健全育成は周りにいる大人の責任です。健康であってこそ、学ぶ意欲がわき、興味をもって様々ことに挑戦し、分かる、できる、共に生きる子供たちが育つのです。
 このような取組が実践できる背景には、本校が今から13年も前の平成17年度より地域運営学校(コミュニティースクール)として、地域住民・保護者が学校運営に参画する『学校運営協議会』をスタートさせていることや、地域の方々が、教職員に協力しながら学校教育をサポートする『学校支援・地域共生本部』が設置されているという、本校が大変恵まれた環境にあるということが挙げられます。このことは三谷小学校の特色でもあり、大きな強みでもあります。
 私たち三谷小学校教職員は、『地域ではぐくみ、世界へ巣立つ三谷の子』を合言葉に、地域・保護者の方々との強い絆の中で、子供たちを温かく・たくましく育てています。
〇子供たちみんなが友達や先生に会いたいと登校してくる三谷小学校
〇保護者からこの学校に子供を通わせてよかったと思われる三谷小学校
〇地域から愛され地元の誇りだと感じてもらえる三谷小学校
 を目指して頑張ってまいりますので、今後とも力強いご支援・ご協力をお願いいたします。

杉並区立三谷小学校 校長 加納直樹