■思い出の碑・寺家村先生碑

校庭の東際、ぞうの山の脇の植え込みの中に、杉三小の歴史を物語る2つの石碑があります。

●思い出の碑

昭和33年9月、環七通り沿いの旧校舎から現校舎へ移ったとき、1300人の児童と先生が、旧校地の赤土をひと握りずつ運び、ここに小高く積み上げて“一握塚”と命名し、「この塚が杉三の歴史を伝え、杉三の魂のよりどころになるように」との願いを込めて、この碑を建てました。
 


※ 碑文をクリックすると、拡大して表示されます。

●寺家村(じげむら)先生碑

碑文に刻まれているとおり、生涯、杉三小の教育に尽くされた先生を称える記念碑です。

 

※ 碑文をクリックすると、拡大して表示されます。

・
本文へジャンプ

杉三小 名物