地域運営学校 (コミュニティスクール)


平成29年度より、高井戸第四小学校は地域運営学校になりました。

地域運営学校(コミュニティ・スクール)とは

地域住民や保護者などが、合議制の機関である学校運営協議会を通じて、一定の権限を持って学校運営に参画し、教育委員会、校長と責任を分かち合いながら学校運営に携わることで、地域に開かれた信頼される学校づくり、特色ある学校づくりを推進する新たな仕組みです。

区では平成16年に改正された「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」を踏まえ、平成17年度から学校運営協議会制度を導入しました。

学校運営協議会は、学校運営に関する基本的な方針(教育課程の編成など)の承認を行うとともに、地域と連携した教育活動に向けた取組みを行います。また、学校運営について、教育委員会や校長に対して意見を述べることもできます。

 詳細は、杉並区教育委員会の「地域運営学校」のページを御覧ください。


2019年度

◇ 学校運営協議会会議録 12/17
◇ 学校運営協議会会議録 11/19
◇ 学校運営協議会会議録 10/28
◇ 学校運営協議会会議録 9/20
◇ 学校運営協議会会議録 7/16
◇ 学校運営協議会会議録 6/18
◇ 学校運営協議会会議録 5/21
◇ 学校運営協議会会議録 4/16



平成30年度

◇ 学校運営協議会会議録 7/17
◇ 学校運営協議会会議録 5/15
◇ 学校運営協議会議事録 4/16