教育課程



生活指導・安全指導



生活指導の重点

[1] 生徒が生き生きと学校生活を送ることができるように、自分や友達を大切にする心を育てる。
[2] すべての教育活動を通して、自ら考え、判断し、責任を持って行動することができる態度を養う。

生徒の自主的な活動を生かした指導の充実

 本校では、学校生活に必要なことや細かい校則等は生徒手帳に記載されています。確認をお願いします。また、中学校生活で一番大切なことは、生徒が自分で考え、判断し、自分の行動に責任を持つことが大切だと考えています。授業、学校生活(委員会や係りなど)、学校行事、部活動など全ての教育活動で生徒が主体的に取り組めるように指導していきたいと思っていますのでご協力をお願いします。
 現在の高井戸中学校の生徒は、保護者の方々、地域の方々のご協力のおかげで概ね順調な学校生活を過ごしています。こうした指導をさらに充実させるためには、
[1] 生徒会を中心にした、6つの委員会(学級委員会、生活委員会、保健給食委員会、図書 委員会、広報委員会、美化委員会)と3つの特別委員会(体育大会・学芸発表会・選挙管理)の活動をさらに活発にしていくこと。
[2] 部活動や学校行事をさらに活発にしていくこと。
 生徒がそれぞれの活動の場を通して、思いやりや判断力、責任感などを培うことにより、将来、社会人として必要なさまざまな資質を身につけていくことができると考えているからです。今年度も、中学生として自立(自律)的な成長を促すことのできる、生徒の自治的な活動を生かした生徒指導の充実に努めていきたいと考えていますのでご協力お願いします。


いじめ防止基本方針
高井戸中学校の「いじめ防止基本方針」についてはこちらをご覧ください。


SNS高井戸中ルール~決定版~
                    H28.6.27

1、その場の常用を考えて使用する。

2、お金がかかる時は保護者に相談する。

3、時間を決めて使用する。

4、正しい情報を自分で判断する。

5、個人情報の管理をする。

6、送信前に相手の気持ちを考え、言葉遣いに気をつける。

7、SNSを使う上での危険性を常に心にとどめておく。

6月23日(木)の中央委員会で最終決定しました。
高中生全員でつくりあげたルールです。
1人ひとりがこのルールを意識し、SNSを上手に賢く
利用できるようにしていきましょう。 


ページのトップへ戻る