杉並区立阿佐ヶ谷中学校杉並区阿佐谷南1-17-3Tel03-3314-2261FAX03-3314-3572
 
特色ある教育活動  
■特色ある諸行事
 ○体育大会、学年水泳大会、文化発表会(舞台部門、展示部門)、マラソン大会、修学旅行、スキー教室、などの多彩な行事は学校生活に活力と感動をもたらし、同時に生徒の自治的活動、主体性の育成にも大いに寄与している。上級生から下級生への好ましい指導の場面も多く、人間関係の醸成、協調性の育成も自然に行われている。
○地域との連携・協力を深め、地域の方々にもご協力いただき、阿佐谷七夕祭り(毎年8月実施)に生徒が作成した「張りぼて」を出品展示している。校庭の一角では、商店街の張りぼてつくりも行われている。また、養護老人ホームへの慰問や地域行事への参加などボランティア活動、地域活動が活発である。 
○子供地域活動促進事業、地域教育連絡協議会と連携し、本校生徒と学区小学(杉六、杉七小)の児童が主体となって「春のこども祭り」を開催し小・中連携及び地域との連携を深めている。

■小・中一貫教育の推進
○杉六小、杉七小、阿佐ヶ谷中の連携強化と共通活動の推進。
○小中一貫教育推進協議会・小中一貫教育研修会の実施。
(プレスクール、共同ボランティア活動、春の子ども祭り交流等)
■各教科・総合的な学習の時間等の充実と推進
各学年ごとの小テーマを設定し「総合的な学習の時間」を実施している。 授業においては少人数授業・TTを取り入れる等、工夫・改善を図り基礎・基本の定着に力を入れている。さらには杉並区学生ボランティア(現在3名)の積極的導入を図り生徒一人ひとりにきめ細やかな指導を行っている。

活発化する生徒会活動 
○生徒会が中心となりボランティア活動に力を入れている。毎年取り組むあしなが募金の希望者は回を追う毎に増えている。この取り組みを通して人への思いやりの気持ち、ボランティアの精神が徐々に育っている。 

活発な部活動と施設の有効利用 
 学校規模に比べて、多くの部活動(運動系7部、文化系5部)を開設している。
本校は、杉並区役所と隣接して建設されており、6階建ての校舎である。6階にプール、3階にアリーナ(体育館)があり、各階にはオープンスペースをもち、学年集会場所、広場としての役割を担っている。
 
 杉並区立阿佐ヶ谷中学校いじめ防止基本方針(H29改訂版)
 STOP体罰 NO宣言
 
copyright © 杉並区立阿佐ヶ谷中学校 2011