モルモットのうんちの形は?―飼育委員会集会が開かれました。―(9/13)

9月13日金曜日、紅白決定集会に続き、飼育委員会集会が開かれました。

この集会は、5・6年生の飼育委員が、もっと学園で飼育されているモルモットの「ココア」と「ミルク」について、「皆に関心をもってもらいたい。」「大切にしてもらいたい。」という思いを込めて、企画・実施したものです。

クイズは、2匹のモルモットの名前、重さ、餌の種類、鳴き声、糞の形でしたが、名前以外の問いに対して、正解できる児童はあまり多くない事に驚きました。

小学部では、動物の飼育を1、2年生で行われている「生活科」の授業で取り上げることになっています。子供たちは、自分で継続的に動物を飼ったり、植物を育てたりすることを通して、身近な動物や植物に興味・関心をもち、それらが生命をもっていることや成長していることに気が付きます。そして、その育てる過程で、生命の尊さに気付くことになります。

飼育委員の児童は、夏休みや土曜日、日曜日など学園の授業のない日にも、「元気でいてもらいたい。」という願いをもって登校し、モルモットのお世話をしていました。時々、糞や尿の量が多く、後始末が大変な時もあります。飼育委員の児童も2匹のモルモットのお世話に苦労する中で、生活科のねらいと同じく、生命の尊さ等を実感できたのだと思います。

今回の集会で飼育委員の頑張る姿から、その事を強く感じ取ることができました。

Q1 学園で飼われている2匹のモルモットの名前は、何でしょうか。

A1 「ミルクとココア」です。

Q2 モルモットの重さはどれくらいでしょうか。

A2 ノート1000冊分です。

Q3 モルモットの好物は何でしょうか。

A3 チモシーという乾燥させた植物です。

Q4 どういう鳴き声ですか。

A4 「キュッ・キュッ」です。

Q5 うんちはどのような形ですか。

A5 バナナのような形です。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031