5年生の歌声・演奏が杉並公会堂に響きわたりました。【連合音楽会】

11月28日(金)午後、杉並公会堂で行われた「第71回杉並区立小学校連合音楽会」に第5学年の児童(1組から4組、なかよし学級)が参加し、素晴らしい歌声と演奏をホール全体に響かせました。
合唱曲、合奏曲11月15日、16日に実施された学芸音楽会で聴かせてくれた「小さな勇気(合唱)」「風になりたい(合奏)」でしたが、あの時よりも更にパワーアップされているように感じました。きっと、学芸音楽会の後も、しっかりと目標を見据え、油断せずに練習を続けてきたからなのでしょう。その演奏する表情は笑顔に溢れ、皆が舞台に立って演奏することを、楽しんでいるように見えました。
自分の勤める学園の児童である為、多少、贔屓目なのかもしれませんが、どの学校よりも元気にあふれる姿で演奏し、豊かな表現力と練習の成果が存分に発揮された完成度の高い演奏であると感じました。
勿論、その表現力を生み出すことができたのは、これまで5年間の音楽の授業や学芸会・学芸音楽会での学びの積み重ねであることは間違いありません。また、芸術文化を愛する方々が暮らす「和泉」「杉並」という地域も、子供たちの芸術性をはぐくむ「土壌」となっているものと考えます。さらに小中一貫教育校である本学園が、様々な交流の機会を通じて、中学部の質の高い合唱を間近で聴くことができる「素敵な環境」にあることも、その力を育てる「肥料」のようなものなのかもしれません。
ここまで育ち、育てられた5年生の児童たちが、生涯を通して、音楽等の芸術活動・表現活動等を愛する、心豊かな人となっていくことを楽しみにしたいと思います。
最後になりましたが、児童たちが安全に会場まで往復できるよう付き添いのお手伝いをしてくださいました保護者の皆様に心より感謝申し上げます。

《Communicate & Challenge》 
この連合音楽会は、杉並区で何と71年前から続く行事です。この時の小学校5年生は、今では80歳を越えられていると思います。
学園に通う児童・生徒の皆さんは、杉並区立の小学校を卒業されたご家族・ご親戚や地域の方から、連合音楽会の思い出をインタビューしてみてくださいね。

サブコンテンツ

カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031