杉並区特別支援学級、特別支援学校連合展覧会

令和2年1月17日金曜日から21日火曜日までの5日間、セシオン杉並で令和元年度杉並区特別支援学級、特別支援学校連合展覧会が開催されました。展示されていた作品は、どれも力作で、日頃の図工、美術の授業の成果を強く感じました。特に入口付近に展示された「あしたにたねをまこう」という名の作品は、小学部の児童と中学部の生徒が本年実施されるオリンピック・パラリンピックの五輪旗をモチーフに共同制作をしたもので、この展覧会全体の雰囲気を華やかなものとしてくれていました。私の行った時間には、会場係を中学部の生徒がしており、会場の中の「おすすめの作品」を紹介してくれました。個々の作品も、一人一人の個性等が表れたもので、いつまでも鑑賞していたくなるものでした。これらの作品は、2月13日木曜日から17日月曜日までの間に開催される「作品展」でも展示されることになっています。保護者・地域の皆様にも、15日の土曜日授業の際に是非、ご覧いただければと思います。

サブコンテンツ

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829