戸惑いながらも美味しくいただきました。―今日から給食が始まりました。―

6月10日(水)、新型コロナウイルス感染防止対策のための分散登校が始まって8日目の本日、学校給食が開始されました。1年生にとっては、入学して初めての給食になります。例年であれば、お友達とお喋りをしながら、楽しく食べますが、今年は、新型コロナウイルス感染症対策により、グループで食べることを止めるなど、制約のある中での実施でした。

その他、新型コロナウイルス感染防止対策として、「配膳前に教員が児童・生徒の机を消毒する。」「児童・生徒が手洗いを徹底した後、教員が手指消毒剤で消毒する。」「児童・生徒は飛沫感染防止のためにグループではなく、机を前向きにして食事をする。」「机と机の間をできる限り離したり、教室の中の児童・生徒人数を分けたりして、なるべく密集する状態になることを避ける。」「牛乳、ストロー、食具などは手袋をした教員が配る。」「配膳時に混雑ができないよう教員が声をかける。」がなされる中で実施されました。また、今日(6/10)から3日間は、「お弁当給食」にすることで、児童・生徒が配膳にかかわらないように配慮しました。

 小学部の1年生は、教室での新型コロナウイルス対応だけではなく、お弁当の蓋やストローの包装ビニルの開け方にも慣れていない為、準備等に時間がかかりました。食後、給食の感想を何人かの1年生に聞いてみると「とても美味しかった。」「みんなで食べると美味しい。」などの感想が寄せられました。また、中学部7年生からは、「いつもと違い静かなので戸惑いがあった。」「小学部の頃より、給食の量が増えていることに驚いた。」などの感想を述べていました。

 

今週末に分散登校が終わり、来週から学園は平常の生活に近い形となっていきます。それに伴って給食も今の約束を守りながら、1教室あたり、今の2倍の人数で食べることになります。学園としては当面、「杉並和泉学園感染予防ルール」にある給食時の15のルールを徹底した給食の時間としていきます。

早く新型コロナウイルス感染症が安心できるレベルに落ち着き、児童・生徒が仲良く「友と語らいながら」給食を食べられる時が来ることを心から願っています。

サブコンテンツ

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930