中学部 生徒朝会9月7日

【生徒会長】

みなさんおはようございます。2学期が始まり、早2週間が経ちました。みなさん、夏休みから学校のリズムには慣れましたか。2学期は二回の定期考査に加え、体育競技会、合唱コンクールがあります。例年よりも忙しく、大変な2学期になることだと思いますが、行事は自分を見つめることができ、学年での結びつきを強くすることができる大きなチャンスです。学園の目標である3Cにもあるように、仲間とのコミュニケーションを通して仲間のことをよく知り、一人一人の長所を生かし、協力してチャレンジして、そして各目標を達成できるようにしましょう。

また、他学年の良いところも吸収し、共に高め合っていきましょう。7年生は中学部での行事は初めてなので、分からないことや、不安なこともあると思います。そんなときは、近くの先輩に聞いてみてください。8年生は、これからどんどん学園の代表として活動してくることが増えてくると思います。最上級学年になる自覚をもって活動していきましょう。9年生は、全てが学園最後となるので悔いの残らないように取り組んでいきましょう。また、行事だけでなく勉強も怠らず、試験勉強を行い、テストに臨みましょう。まだまだ暑さが続きます。忙しくて大変だと思いますが、健康を第一に考えて過ごしていきましょう。

【生徒会副会長】

生徒会では普段、学園をよりよくするために、全員が意見を出し合いながら話し合いを行っています。最近は、小中の交流をどうしたら活発にできるか、コロナウイルスの影響で生活が制限される中、自分たちには何ができるか考えています。また、先日配られた5周年記念ポロシャツは、私たち生徒会が中心となってデザインの募集を行いました。私は、小学部の代表委員会やその他の活動のときより、かなり深いところまで学園のことを考え、責任をもって取り組まなければいけないことを実感しました。他にも私たちは現在、開校10周年を迎えるときのこの学園の理想像を考えています。後期の生徒会役員になるメンバーには、私たちが描いた5年後の理想の和泉学園の実現に向けて話し合い、思いを引き継いでいってほしいです。約2ヶ月後の10月31日には、生徒会役員選挙があり、新たな役員が選ばれます。私も7年生と8年生のこの時期に選挙を経験しました。とても緊張しますが、生徒会に入って学園をよりよくしたいという気持ちが後押ししてくれると思います。選挙を乗りこえたときは結果によらず、自分自身が強くなれます。また、生徒会に入ると大勢の前で話したりと緊張する場面が増えていきます。ですが逆に考えれば、その分、生徒会に入るために選挙に臨むことからはじまり、たくさんのチャレンジをすることができます。こんなに多くのチャレンジができるのは、生徒会くらいだと思います。ぜひみなさんも生徒の代表として、楽しく達成感のある活動を経験できる生徒会に立候補してください。

【学級委員会】

学級委員会の主な仕事はクラスをまとめることで、授業態度、生活態度の改善を行っています。7年生は、緊張感をもって過ごすことで、中学生らしくなってきています。フレンドシップスクールはありませんでしたが、良いチームができているので、2学期の行事で団結力を深められるようにしましょう。5組は、たくさんの行事がない中、5組らしく楽しく生活できていると思います。8年生は、落ち着いて生活していて、学園全体のお手本になれていると思います。9年生は、日常を楽しんでいるので、受験生らしく、進路について考える機会を増やしていきましょう。

最後に、コロナ感染防止のための呼びかけや、学級委員の声かけに協力をお願いします。また、2学期には体育競技会と合唱コンクールがあるので、一人一人が全力で取り組み、実行委員に協力してみんなで良い行事をつくっていきましょう。

【整美委員会】

私たち整美委員会はSCE(Shine Clean Everyday)を目標として、学校がきれいな環境になるようにしています。活動内容は主に4つあり、「ロッカーチェック」「クリーナー掃除」「朝清掃」「避難訓練時のぞうきん準備」があります。残念ながら、毎週火曜日の朝清掃がコロナの関係で行えていませんが、その分教室の環境を良くするために、ロッカーチェック等に力を入れています。ロッカーチェックでは、3学年でA~Cの基準をそろえ、毎週木曜日にチェックをしていますが、それぞれのクラスで課題が出ています。私たちだけが注意をするのではなく、自分たちで積極的にきれいにしてほしいです。

【給食委員会】

給食委員会では、新型コロナウイルスの影響で、例年と異なる活動を行っています。その活動内容は、給食の時間での感染予防です。主な例として、給食前後の手洗い、消毒を素早く行うように呼びかけたり、給食当番のビニール手袋の着用を呼びかけたりなどといったことがあります。

また、前回の委員会で全クラスから出た反省が主に2つあります。1つ目は、給食を取りに行く際の人との間隔です。前後の人とあまり近づきすぎないよう、適度な間隔を保ちましょう。2つ目は、給食の準備が遅いため、終わる時間も遅くなってしまうクラスや、準備が早く終わっても食べるのが遅く、結局時間通りに片付けが終わらないクラスが多いと言うことが分かりました。もっと素早く準備から片付けがスムーズに行えるように、こちらも呼びかけをさらにしていきたいと思いますので、ご協力をお願いいたします。

【放送委員会】

放送委員会は、みんなが耳を傾けたくなるような楽しい放送を心がけるというスローガンでやっています。今年から、昼休みの放送で曜日ごとに、本紹介、クイズ、なぞなぞ、学園クイズ、心理テストをやることになりました。これからも楽しい問題を考えて放送していくので、聞いてくれたら嬉しいです。また、出題してほしい問題や、やってほしいジャンルなどがあったらぜひ放送委員会に教えてください。反省点は、最近間違った内容を放送してしまったり、スムーズな放送ができなかったりなど、ミスが多かったように思います。同じミスを繰り返さないように、これからも1つ1丁寧に放送していきたいと思います。そして、今月からCDリクエストができるようになりました。リクエストがある場合は、当日に言うのではなく前日までにリクエストがあることを伝えてもらえると助かります。たくさんのリクエストお待ちしています。

【保健委員会】

おはようございます。保健委員会では、水質調査やポスター作成、手洗いや換気の呼びかけなどを行っています。また、今年は新型コロナウイルスが猛威を振るっています。新型コロナウイルスは感染力が強く、薬をつくるのに、まだ時間がかかります。また、誰も新型コロナウイルスに対する免疫がなく、簡単に感染してしまします。それを防ぐためには、手洗いうがい、3密の回避、咳エチケット、日頃の健康管理を心がけ、これらは全て実行していきましょう。そして、大切なのは、自分が感染しないようにすること、人に移さないことが大切です。また、自分あるいは、まわりが感染しているのかもしれない、という意識をもち、感染対策を心がけながら日々を過ごしましょう。

【図書委員会】

図書委員会です。私たちのスローガンは「図書館は知識のジャングル」で、活動方針は、図書館の利用者を増やすこと、読書ノートへの記録を促すことです。私たちの主な活動は、クラスへの呼び掛け、日誌への記入、特集コーナー作り、督促状の配布、図書だよりの発行、時間になったら退館を呼びかけること、本の整頓などです。また、2学期にはブックフェアがあり、私たちは現在、様々なことを計画しています。このプロジェクトを機会に多くの人がほんとで会えれば良いなと思っています。

最後に、今みなさんは図書だよりをしっかりと読んでくださっていますか。各学年のフロアにある図書委員が作った掲示物は知っていましたか。図書室を溜まり場として、そのまま借りずに帰ったりしていませんか。中学生の一年間に読むべき本の量は30冊だそうです。しかしながら、実際30冊以上借りている生徒は少人数です。そうはいっても、自分に合った本を見つけることは難しいと思う人が大半だと思います。そんなときには、図書だよりを見たり、私たち図書委員に相談してみてください。私たちはみなさんがもっと本に興味をもち、たくさんの本と出会えることを願っています。

【生活委員会】

生活委員会のスローガンは、「学園をよりよくするために自らすすんで行動する」です。学園をよりよくするというのは、活動方針でもある生徒がきまりを守って生活できるようにすることで、決まりとは、教育目標「3つのC」と「杉並和泉学園五ヵ条」です。みなさんは、決まりを守って生活できていますか。生活委員は、授業態度や定刻着席の点検、ひまわり当番をメインに活動しています。個人個人が決まりを守って生活するだけでなくクラスのみんながよりよい生活を送れるように点検活動をしています。生活委員がこの活動を一生懸命にやっていてもみなさんが決まりを守って生活しないと意味がありません。しかし、忘れ物をしないこと、遅刻をしないこと、先生や保護者の方々に会ったときに自分から挨拶をすることなどは、一見簡単そうですが、完璧にやろうとすると難しいことばかりです。これらのことを完璧にできるようになるために生活委員の仕事があります。遅刻、忘れ物については全学年の課題になっています。ですから今学期からは今まで以上に生活委員が声かけに力を入れていきます。それだけでなく新しい企画も考えています。生活委員に頼らなくても遅刻、忘れ物をする人が減るように一人一人が意識を高く持って生活してください。そして挨拶についてです。自分から挨拶をしてくれる人が多くなりましたが、まだしてくれない人がいるのが現実です。挨拶をするのが恥ずかしいという人はまず知っている先生やひまわり当番で門で挨拶をしている自分の学年の人や部活の先輩にしてみるなど、小さなことからでも始めてください。挨拶をしてくれる多くの人には小学生のお手本になるような挨拶をし続けてくれることを期待します。

最後に、学園をクラスを生活面でよりよくするためにご協力よろしくお願いします。

サブコンテンツ

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031