1年生の教室で中学部の英語部生徒が英語絵本の読み聞かせを行いました。

11月2日(月曜日)の昼休みから、1年生の各教室で中学部の英語部生徒による「英語絵本の読み聞かせ」が始まりました。
この活動は、英語部の新企画で、英語部の生徒たちと顧問の先生の「本学園を小学部生と中学部生が豊かにかかわり合う明るく楽しい学園にしたい。」「自分たちが学んだ英語を使ってみたい。」という思いから開始されました。

初日は、1年3組で行われましたが、開始直後、すごく緊張していた英語部の生徒が、1年生の目をキラキラさせて聴く様子から、次第に気持ちがほぐれ、とても明るい雰囲気の中で読み聞かせが進められていきました。1年生も自分自身が良く知っているディズニー作品の読み聞かせであったことから、全員が楽しそうにこの取組に参加していました。

本学園では、開園以来、教師主導で年数回行っていた全校給食交流などの「イベント型」の小中学部交流から、5年目を迎えた令和元年度のタイミングで、児童・生徒が主体となって日常的に行う交流にシフトチェンジをすることにしました。全校的な取組から学級・学年・部活動などの小集団での交流、日常的な交流に変わったことで、保護者・地域の方々からは、その交流が見えにくくなってしまったという意見もいただいています。

児童・生徒は、日常的なかかわりにより、「Communicate―豊かにかかわる―」力に磨きをかけていきます。今年は、新型コロナウイルス感染の影響から、交流活動が制限されている状況にもあります。そのような中でもこのような小さな交流や中学部教員による小学生への出前授業・乗り入れ指導等は、工夫しながら続けていきたいと思います。

特に英語は「英語の和泉」と呼ばれる程、本学園の特色になっているものです。小学部生の英語への関心を高めるためにも、英語科の先生、英語部の生徒に、このような小中交流の活動をどんどん企画・実施することに期待したいと思います。

 

サブコンテンツ

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31