令和2年度 3学期始業式 学園長あいさつ

皆さんおはようございます。そして、あけましておめでとうございます。いよいよ、令和3年・2021年、そして3学期が始まります。

今年の元旦は、前日の大晦日に東京都内の新型コロナウイルスに感染された方が1000人を超えてしまったことから、「あけましておめでとうございます。」と言うのに気が引けてしまうところがありました。

確かに、今、国から緊急事態である宣言が出されることになっているとおり、新型コロナウィルス感染はとても心配される、危機的な状況にあります。しかし、私たちは、精一杯の感染防止の手立てをつくしながら、新型コロナウィルスに負けないという強い決意をもち、3学期の学習・学園生活を進めていかなければなりません。今日、皆さんに配る「学園だより」にも書きましたが、昨年1年、新型コロナウィルスと闘いながら学んできた生活の中で、皆さん一人一人には、確実にこのような明日の事が分からない状況を乗り越えるために必要な力である、学園教育目標の3つのC「コミュニケイトー豊かにかかわるー」「チャレンジーひたむきに挑戦するー」「クリエイトー新たに創造するー」力が高められています。

さて、学園長先生は、年末年始、不要不急の外出を避けていたので、映画館に行き、今、公開中の映画を観る事はできませんでしたが、この期間、「鬼滅の刃」のテレビシリーズを動画配信で一機に見ました。私のような高齢者が見ても楽しく、感じることもたくさんありました。

鬼と戦う主人公「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」の成長を追うストーリーの中で改めて感じたことは、主人公のようなヒーローは、「泣きたくなるような辛い事があっても立ち止まらず進みつづける。」「目標を達成するために自分を磨き続ける。」「願いを達成するための挑戦をやめない。」という事です。そして、人は成長し続けることができる、無限の可能性を秘めているということです。

皆さんも新年、そして今学期、新型コロナの為に厳しい困難な状況、「鬼」のように正体が見えない新型コロナウィルスと戦う学期であったとしても、自分の目標をしっかりともち、その実現に向けた努力を今日から始めていってください。

特に全員が入試に挑戦する9年生、多くの人が挑戦する6年生の皆さんは、正に今が正念場です。これまで磨いてきたもの、学んできたことを出し切れるよう、強い気持ちをもってそれぞれのチャレンジを成功させてください。

また、1年生から5年生、7年・8年生は、桜の咲く春になると一つ上の学年にあがります。「かっこいい」「信頼される」上級生になる準備をしっかりしておいてください。特に1年生の皆さん、今まで通りではいけません。真剣にお勉強に臨む姿、元気な声で挨拶する姿、きちんと整列する姿を入学してくる新1年生に見せられるよう、しっかりとした兄さん、お姉さんに成長してくださいね。

最後に3学期は、50日~60日ほどしかありません。昨年のように新型コロナウィルスの感染の状況によっては、途中、休校となることもあります。その短い間の中でクラス・学級のお友達との友情を深めてくださいね。いじめや暴力のない学級をつくりましょうね。

3学期は、卒業式だけではなく、短いながら、4年生の二分の一成人式、6年生の商品開発・販売などがあります。それぞれの行事を通して、ひたむきに挑戦する力や人と豊かにかかわる力等を磨いていいってもらいたいと思います。

繰り返しになりますが、国は今日中に緊急事態宣言を出す準備をしています。緊急事態宣言というのだから、国の一大事であることは間違いありません。皆さんにとって様々な不自由な事、残念な事も含まれていると思います。しかし、皆さん自身が新型コロナウィルス感染を止める存在になれる事もしっかり肝に銘じて、自分がかからない、他にうつさないよう、三密を避けるなどの行動を続け、元気で安全な学園生活を送っていただきたいと思います。

長くなりましたが以上で私の3学期始業式のお話を終わりにします。皆さん、新型コロナウィルスに負けず、学びつづけ、たくましく成長していってください。

サブコンテンツ

カレンダー

2021年2月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28