杉並区駅伝大会の練習が始まりました。

 

10月28日木曜日、本日の朝から12月12日(日)に実施される「杉並区中学校対抗駅伝大会2021」に向けた朝練習が始まりました。

駅伝大会を通じて、広く区民の間にスポーツを普及・振興させるとともに、青少年の体力向上と健全育成をはかることを目的として平成12年に始まった本大会も、本年で22回目となります。昨年の第21回大会では、男子7位入賞、女子5位入賞と大健闘でした。杉並区内の中では、比較的生徒数の少ない学校である本学園がこのように素晴らしい成績を残すことができるのは、他の学校の多くが止めてしまった参加生徒による朝の合同練習を生徒と先生方の熱い思いにより続けていることが理由だと思います。今年の代表生徒団長は9年生の大澤孝太郎さんです。他の9年生選手も受験勉強があるにも関わらず、沢山、代表選手に名乗り出て、今日の練習に参加しております。

練習コースは、いつもの神田川側道のコースが使用できないため、学園のまわりの一般道となっています。一周430メートルの周回コースですが、今年も初日から8年生と9年生がまるで本番さながらデッドヒートを繰り広げています。その横を通る小学部の低学年の児童は、速く走り抜ける先輩の姿に少しびっくりしている様子でしたが、中には大声で応援してくれる児童がいて、その声援を受けた選手たちがさらにスピードを上げるという素敵な光景も見ることができました。

今年も本大会で3つのCで表される「学園魂」を発揮し、小中学部の皆が感動する走りを見せてもらえるものと信じています。児童・生徒及び教職員、保護者の皆様、地域の皆様とともにその頑張りを応援したいと思います。

  

サブコンテンツ

カレンダー

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031