2年ぶりに赤白決定集会を行いました。

11月5日金曜日、小学部スポーツフェスティバルに向けて、学級内で2つに分けられたグループのどちらが、赤組、白組になるのかを決定する赤白決定集会が校庭で行われました。

どちらのグループが赤白どちらのチームになるかを決定するにあたっては、それぞれのチームの応援団長となる6年生の丸山倖彩さんと下野洵太さんが、運動会実行委員の準備した箱に入っている赤白の旗の付いた縄を引き合い、その引いた旗の色がそのチームの色となります。縄を引き合った結果、今年は、丸山さんのチームが赤組、下野さんのチームが白組と決定しました。決定後、2人の応援団長が勝利に向けての意気込みを語るとともに、団結を呼びかけました。

昨年度は、新型コロナウイルス感染症の流行への配慮から、一昨年までの赤組と白組が競い合う運動会から、学年や個人の頑張りを保護者の方々にお見せする形にするとともに名称も「スポーツフェスティバル」と変更しました。今年は、名称は、昨年度と同じ「スポーツフェスティバル」としましたが、形式は、一昨年に戻して各競技の結果を得点化して行う赤白の対抗戦にしました。11月20日土曜日に行われる運動会では、きっと、勝利を目指した熱戦が繰り広げられると思います。

今年のスローガンは、中学部の体育競技会と同様、「雲外蒼天(うんがい そうてん)―限界のその先へ―」です。実行委員、応援団員のリーダーシップにより、児童一人一人がこのスローガンにあるとおり、「厚い雲におおわれているような」新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言に負けずに練習した成果を発揮する最高のスポーツフェスティバルとなる事を願っています。

【赤組応援団長丸山倖彩さんの決意の言葉】
赤組のみなさん。今年は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小したスポーツフェスティバルですが、楽しくて悔いのないスポーツフェスティバルにしましょう。私も精一杯応援します。一緒に頑張りましょう。

【白組応援団長下野洵太さんの決意の言葉】白組の応援団長になりました、6年4組の下野洵太です。2年ぶりに赤白に分かれてスポーツフェスティバルをすることになります。だから、徒競走、団体競技、ダンスの全て、全力で取り組みましょう。よろしくお願いします。

サブコンテンツ

カレンダー

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031