晩秋の芝生校庭で小学部スポーツフェスティバルが開催されました。

11月20日土曜日、たくさんの保護者、ご来賓の皆様に熱い応援をいただきながら、小学部の令和3年度スポーツフェスティバルが開催されました。

今年のスポーツフェスティバルは、当初、10月2日に開催予定でした。新型コロナウイルス感染症の不安と闘いながら、10月2日に昨年同様の規模で開催するか、寒さが厳しくなる前の11月末に延期し、昨年よりもスケールアップして開催をするか熟考しました。そして、去年できなかった紅白対抗などの形に戻すために、11月20日に延期する事にいたしました。結果、応援団、実行委員の子供たちがリーダーシップをとり、全児童が元気に躍動するスポーツフェスティバル(運動会)となりました。

特に工夫を凝らした各学年の表現(ダンス)の完成度は、例年よりも高く、ギャラリーを驚かせていました。
いくつかの学年では、今年配布されたタブレットパソコンで学年ダンスの動画をアップし、各家庭でも練習できるように工夫していたようです。PTAの役員さんに聞くと毎日、自宅で一生懸命、練習していたとのことでした。

その中でも6年生の表現は、1年生から5年生までの自分たちの軌跡を振り返りつつ、新しい未来への一歩を踏み出そうという演技構成となっていました。私は2年生からの子供たちの成長を見続けてきましたが、思わず涙が込み上げてきました。

1年生も初めての小学部の運動会でしたが、とても初めてとは思えないくらい、難しいダンスに「ひたむきに挑戦」していました。

5年生は、実行委員を中心に息のピッタリ合ったソーラン節を仲間と「豊かにかかわり」作り上げていました。

A組仲良し学級の児童もそれぞれの所属学年の中で精一杯のパフォーマンスを見せていました。ダイバシティを教育の中核に据える学園としては、特別な支援を要する児童が皆と豊かに関わりながら、活躍する姿を目の当たりにすることは、何にも勝る教育成果だとも思いました。

今年のスポーツフェスティバルのスローガンは、「雲外蒼天ー限界のその先へー」でした。

5年生の風間さんはこのスローガンを受け、練習の時に「みんなで100%以上の演技をしよう!」と呼びかけていました。表現だけではなく、徒競走などの競技でも「限界のその先=100%以上の頑張り」を目指して一人一人が頑張りました。

当日は昨年、今年と小学部で教員体験をした8年生、9年生も応援に駆けつけてくれた他、部活動紹介も兼ねた部活動対抗リレーにより、小中一貫校ならではの光景が見られました。見えないところでも、会場の後片付けを、8年生が一生懸命、手伝ってくれました。

学校運営協議会副委員長の坪井さんも、「みんなの夏祭り」での経験を生かし、素晴らしい音響環境を準備してくれました。

今日の小学部スポーツフェスティバルの主役は小学部838名の児童です。その一人一人が輝きを放つ事ができるよう、ご家族、地域の方々、小中学部の児童生徒、そして教員が教え合い、助け合い、支え合いました。
創立7年目の本学園、素敵な学園に成長しつつあります。

 

サブコンテンツ

カレンダー

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031