沿革

開校から現在まで

高南中学校は、昭和23年4月5日に区立高円寺第二中学校として開校しました。当初は、杉並第八小学校の校舎に 間借りして開校でした。

翌24年8月、校名を高南中学校と変え、現在の地に移りました。

以後2回の運動場の拡張や9回の増改築を繰り返し、平成3年3月、北校舎完成、 翌年10月、校庭整備が完了し、現在の姿になりました。

当時としては斬新的な発想で、校庭には雨水を利用した散水機を設置しています。地下1階に図書館と音楽室を配し、2〜3階にはゆったりとしたオープンスペースを備えています。伝統ある中庭を残し、図書館はPTAや地域の皆様の献身的な援助の形を残しています。環境や人への優しさにも配慮しながら、地域への解放も想定した施設となってい ます。