平成24年度(2学期の子どもたち)

たぬきさんとうさぎさんの気持ちを考えよう

国語の授業の風景です。

国語の授業で「ゆうだち」を学習しました。けんかをしてしまったたぬきさんとうさぎさんがゆうだちの雨宿りでばったり出会ってしまう場面から物語は始まります。
ふたりが場面ごとに感じた気持ちについて、思い出しながら本文を読みなおしているところです。

たぬきさんとうさぎさんの気持ちを考えよう

国語の授業の「ゆうだち」の続きです。

自分が考える「ゆうだち」で一番面白いと思う場面を紹介しています。けんかをしてしまった二人が同じ木の下に雨宿りした場面が不思議で面白かいと思った子、かみなりが鳴りやんで気づいたら仲直りしてしまった二人が面白いと感じた子、雨があがってからっとしたところからこれから遊ぶぞ!という場面が面白いと感じた子。
たくさんの面白いと思う場面と理由が発表されました。

物語文の学習を通して、登場人物の動作をまねしてみたり、二人のやり取りを想像してみたりしました。
あったかな物語の世界に入り込むことで、豊かな言葉を使えるように成長してもらえることを願います。

はしのうえのおおかみ

道徳地区公開講座の場面です。

いじわるなおおかみさんが一本橋の上に待っています。大きなまる太でできた一本橋は、ひとりずつしか渡ることしかできません。
おおかみさんは、渡ろうとするどうぶつたちを脅かしては楽しんでいました。
そこに、大きなくまさんが現れて、おおかみさんをひょいと持ち上げ、渡って行きました。
おおかみさんもほかのどうぶつたちを持ち上げて渡してあげると、なんだかとてもいい気持になりました。
いじわるばかりしていたおおかみさんでしたが、お友達に親切にしてあげる方が気持ちいいということに気付いたのです。

この物語を通して、おおかみさんの心の様子を色で塗ろう!という活動をしています。
いじわるをしていたおおかみさんの心の色、親切をして気持ちいいおおかみさんの心の色、それぞれ心の色の様子を色えんぴつを使って表現していました。

アサガオとトウモロコシ栽培

生活科の学習で、5月からアサガオとトウモロコシの栽培と観察を行ってきました。

生活科の植物の学習で、アサガオの栽培に取り組んできました。また、アサガオの特徴をより発見しやすくするために、トウモロコシの栽培も取り組んでいました。

写真は、アサガオの観察の記録の様子です。

アサガオとトウモロコシ栽培

続きです。
生活科の学習で、5月からアサガオとトウモロコシの栽培と観察を行ってきました。

こちらの写真はトウモロコシです。収穫したトウモロコシの様子を観察も行いました。

現在は、教室の中で乾燥させて、お楽しみとしてポップコーンにするそうです。子供たちはとても楽しみにしていました。

ウサギと触れ合おう

学校で飼育しているウサギと触れ合っている場面です。

学校の校庭で飼育委員会がお世話をしている「チップ」と「グレー」2匹のウサギと1年生は触れ合いました。
かわいらしい2匹のウサギに、子供たちは「かわいい」「きもちよさそう」と大はしゃぎで、「さわってもいい?」「餌あげてみたい!」という声も聞こえました。遠くでみると似たような色の2匹ですが、抱っこしたり近くで触ってみると、毛の色の違いや触った感覚の違いに気づいていました。また、抱っこしてみることで、思ったより重たいことや人よりも温かいことにも気づき、いろいろな発見をしたようでした。

うさぎと触れ合おう◆塀颪い討澆茲Α

ウサギと触れ合ったことについて思い出しながら、ウサギの特徴について書いている場面です。

生活科でウサギと触れ合った後、国語の時間で「見たこと、わかったこと」についてウサギの絵を描きながら、説明を書きました。
毛の感覚を「ふわふわしていた」、口や鼻の様子を「ひくひく動いていた」などウサギと触れ合った体験を思い出しながら一生懸命に特徴を説明しようと書いていました。

小林一茶の句を読みました

「言葉の教育」で小林一茶の句を学習しました。

“うまそうな 雪がふうわり ふわりかな”(小林一茶)を「言葉の教育」の一環で取り組みました。
句のリズムや言葉の響きを親しみながら、楽しんで読もうとしている姿がありました。ゆっくりと降り積もるふわふわした雪を見て、おいしそうだなぁと感じた作者の表現と、自分たちの冬の体験を重ね合わせて、句の世界にひたっていました。

音楽「鍵盤ハーモニカ」

音楽で「鍵盤ハーモニカ」を学習している場面です。

音楽で「鍵盤ハーモニカ」の演奏をしました。楽譜を見て、クラスのみんなで一斉に演奏をすることができました。みんなで楽器を使い音をそろえるのは、合唱以上に難しいことですが、集中することで上手に演奏できていました。
音を合わせて演奏する楽しさを実感できたようです。これから多くの曲に挑戦していくのが楽しみですね。