平成24年度(2学期の子どもたち)

建築学会による授業

建築学会さんの授業がありました。

5時間目と6時間目を利用して「風の通り道」の学習を行いました。
以前、部屋の中の風が通る様子について観察した発展として、今回は学校の風の通り道について観察する学習です。自分たちと同じくらいの人数の大人が教室の後ろに並んでおり、少し緊張している様子でした。

建築学会による授業

“風が通る道”を観察するために、風見鶏が必要ですね。
今回は、牛乳パックと簡単な材料で“牛乳魚”を作りました。

牛乳パックを切り抜いたり、牛乳魚の顔を描いたり、一生懸命に作業をしていました・

建築学会による授業

建築学会による授業の続きです。

“牛乳魚”が完成した子から順番に、試運転をしてみました。
風が吹いている方向へ顔を向ける牛乳魚に「すごーい!」「やったね!」と声をあげて反応していました。

この後、学校の各場所へ行って、どちらの方向から風が吹いているのか学校の環境を観察しに行きました。

この授業に向けて、準備などをしていただいた建築学会の方ありがとうございました。

命のアサガオ

道徳地区公開講座の場面です。

白血病にかかった少年が大切に育てていたアサガオ。少年は、アサガオが成長する前になくなってしまいました。少年のお母さんは少年が大切にしていたアサガオに思いを込めて、学校へ配っていき、やがて骨髄バンクを作っていくというお話です。

お母さんが込めた想いについて
・白血病の病気のことをもっと知ってもらいたい
・こうすけ君のような子を苦しませないようにしたい。

命の尊さについて考えることができたことだと思います。

米作り 稲刈りをしました

米作りの学習で、稲刈りをしている場面です。

秋になり、稲穂の色が深まってきてきれいな黄金色になりました。
春から育ててきた稲も借りれどき!ということで、稲刈りを行いました。バケツからあふれんばかりの稲穂を垂らし、単純そうに見える作業ですが、苦労しながら育てた稲を刈り取りました。

5年生が育てたお米はどのような味がするのでしょうか。刈り取りはしましたが、収穫まではまだまだかかりますが、一つの工程が終了し、子供たちは農家の大変さを実感していることでしょう。

座・高円寺 チラシ配り アンケート調査

総合的な学習の時間で、座・高円寺(高円寺駅北口にある劇場)の宣伝としてチラシ配りに取り組んでいる様子です。

総合的な学習の時間を通して、学校の周辺である高円寺を盛り上げたい!という願いが子供たちから湧いてきました。以前からさまざまな学習で縁のあった高円寺駅北口にある「座・高円寺」という劇場から高円寺を盛り上げようということになりました。
これまでに「座・高円寺」のことを宣伝するポスターを貼ってもらう活動を行ってきました。

座・高円寺 チラシ配り アンケート調査

そして、今回は「座・高円寺」を知ってもらうための宣伝活動として手持ち看板やチラシ配り、さらに高円寺に来ている人が「座・高円寺」を知っているかアンケート調査を行いました。
一生懸命に声を出し、積極的にアンケートを依頼する子供たちがとても輝いていました。宣伝活動にご協力いただいた地域の方、アンケートに回答していただいた皆さん、ありがとうございました。

学級活動「6年生になるに向けて」

学級活動で「6年生になるに向けて」を考えました。

6年生になるまで、残りわずかになり、6年生になるために子供たちは何をできるようになる必要があるのかを考えていました。
5年生は、今年の6年生をお手本にして、最高学年になる準備をこれからしていきます。他の学年のお手本として、また杉八小の代表として活躍できるような素敵な6年生になってもらえれば…と、願います。

算数「□を使った式」

算数の学習で「□を使った式」に取り組んでいる場面です。

算数「□を使った式」を学習しました。学習問題に書かれた状況を□を用いた式に表す学習でした。文章の書き方一つで、式の形が変わるので、問題文を丁寧に読み、一生懸命に式を書いていました。

今回の算数は、一つのクラスを二人の教師で授業するチームティーチングで行いました。メインの教師が黒板の前で授業を進め、もう一方の教師が学習につまずいている子のフォローを入れて授業を進行します。わかる授業を目指し、このような授業形態にも取り組んでいます。