平成29年度 学校経営計画

1 本校の学校教育目標

「確かな学力」「豊かな人間性」「健やかな体」をバランスよく身に付け、主体的に行動する子供の育成を目指し、次の目標を掲げる。
   ◎ よく考えやりぬく子 
   ○ なかよく助け合う子
   ○ けんこうで明るい子 

2 目指す学校像「4つの『あ』にあふれた学校」

子供は、学校や家庭、地域の中で育っていく。人との出会いやかかわり.さまざまな体験や学びとともに4つの『あ』を大切に、心も体も健やかに育つ学校を目指す。

◆子供たちに「愛情」をいっぱい注ぐ学校
◆子供たちが安全で安心して過ごすことのできる学校
◆互いにあいさつや温かいことばを交わし合える学校
◆「ありがとう」という感謝の気持ちを大切にした学校

右手に「元気」 左手に「笑顔」心に「強さ」と「やさしさ」を

3 具体的な目標と方策

(1)子供たちが生き生きと学ぶ学校

○基礎基本の定着と、自ら進んで学ぶ態度、思考力・判断力・表現力の育成。
 全教科等で豊かな言語活動を通した思考力及び表現力の育成を重点に取り組んでいく。

○学級・学年経営の充実、指導体制や学年共同の活動の工夫、オー プンスペース等の活用。
特に、体育や算数少人数指導における指導体制の工夫により、多くの教員が指導にかかわり、一人一人のよさを伸ばしていく。

○年間指導計画や評価規準に基づく見通しをもった指導の充実。
 体験的学習や調べ学習など主体的に学ぶ学習と学び方の指導を行っていく。

(2)教職員が生き生きとかかわり指導する学校

○基本的な生活習慣の形成と、好ましい人間関係の育成。
 あいさつの指導を重点化するとともに、教師や子供同士のかかわる時間を大切にする。

○芝生の校庭の活用や健康保持の態度や能力の育成。
 外遊びや体育など子供とともに体を動かし、元気な心と体を育てていく。

○安全への配慮と指導や施設環境の整備.充実.美化の推進。
 安全指導の徹底とともに、命の大切さを考える教育を進めていく。

(3)地域の中で生き生きと活動をくり広げる学校

○地域つながり地域とともに学ぶ学校。

創立142年の歴史と伝統を受け継ぎ、地域の方に参加していただき共に学び合う授業を行っていく。

○コミュニティースクールとして学校運営協議会による地域運営学校、支援本部の協力による教育活動の充実。 
学校運営協議会での教員による教育活動の報告と交流を行っていく。

○社会貢献と地域の施設や自然や文化、人々とのかかわりを大切にした学習活動の工夫や地域行事の参加。
 学校の中だけでなく、地域の中での学習を充実すると共に、地域行事に参加し、教員や子供たちが地域の方と交流を図っていく。

○学級・学年・学校だより・ホームページや日常の連絡等を通した家庭・地域との連携。
 ホームページによる各学年の教育活動や学校行事の取組の報告を行っていく。

○小中一貫教育連携校との取組の充実や保育園・幼稚園・子供園との連携による学びの連続性を生かした指導。
 9年間の見通しをもった指導により、どの学校に進学しても活躍できる学力と自信を育てる。子供園・幼稚園・保育園との連携により、第1学年の円滑な教育の接続を図る。

4 特色ある教育活動

◆学力向上(確かな学力)
(1)主体的に考え、表現する指導の充実
  これまでの国語の研究を生かして、全教科等において、一人一人が考えをもち、交流し、自分の考えを表現する指導を充実していく。また、主体的な学びの表現として対話や発表、ノート指導の充実を図る。

(2)朝の学習の充実
  朝学習では、漢字、計算、読書など、子供たちが自律的に学ぶ時間としていく。

(3)体力向上の取組の充実
  校庭を充分に活用した体育と共に、月1回の体育朝会を中心とし、年間を通して、長縄とびやマラソンなど体力向上を図る取り組みの充実を図っていく。

(4)ICTを活用した授業の充実
コンピュータや電子黒板などICTを活用した授業の充実を図っていく。

(5)読書活動の推進と心の成長
学校司書及び、図書ボランティア、読み聞かせボランティア、高井戸図書館との連携を図り、より一層の読書活動の推進を図り、子供たちの心の成長を図っていく。

◆徳力向上(豊かな心)
(1)道徳授業の充実
  新学習指導要領の趣旨を生かして、子供たちが考え、行動する道徳教育の推進を図る。

(2)完全ノーチャイム
  完全ノーチャイムの生活を通して、自ら予定を確認し、時間を見て行動することで、自律・自立の力を育てる。

(3)心が育つ言語環境
  一人一人の人権を大切にし、教師の言語、子供同士の言語の指導を重視し、温かい心が育つ言語環境を整える。

(4)異学年交流活動
きょうだい学級によるなかよしタイムでの異学年交流を行い、子供たちがかかわり合いながら人間関係を広げ、思いやりの心をもち豊かに成長していくよう努める。

(5)高齢者とのふれあいや地域貢献活動
  地域にある高齢者施設と第2・3学年が高齢者とのふれあいの中で、温かな心を培う。第4学年から第6学年では、地域行事への参加や地域の役に立つ活動を行い、地域を愛する心を育てる。

◆体力向上(健やかな体)
(1)芝生の活用とエコスクールの取組
  校庭の芝生により、はだしによる健康教育と体力の向上を図る。

(2)体育の授業改善・充実と外部講師による授業の充実
  体育の専門的な外部講師(器械運動、持久走、タグラグビー)の授業により、スポーツへの意欲の向上と日常的に体を動かす習慣の形成を図る。

(3)放課後の外遊びの充実
PTA等の実行員会と連携し、火曜日・金曜日の放課後の居場所、  水曜日の朝遊びの事業を実施し、仲間とともに体を動かして外で遊ぶ楽しさを味わわせる。

(4)オリンピック教育
  体育での専門家による授業や総合的な学習の時間の学びと連携し、オリンピック精神の理解と体力向上を図っていく。



◆その他
(1)学校・地域学習の充実
  社会科・生活科・総合的な学習の時間等を中心に、高井戸小学校の歴史や高井戸の地域を学ぶ学習を地域の方をゲストティーチャーとして招いて行っていく。

(2)けやき学級との連携及び特別支援教育体制の充実
けやき学級(難聴・言語障害通級指導学級)との交流・連携を深めると共に、特別支援教育校内委員会を定期的に開き、それぞれの子供たちの課題を分析して個別指導計画を作成・検討し、教員の共通理解の基に、適切な支援や指導に取り組んでいく。

(3)キャリア教育の充実
  進路指導、職業指導、生き方指導(奉仕活動も含む)、日本の伝統文化の指導を体験的活動として、第6学年の総合的な学習の時間等での取り組みの充実を図る。

(4)小中一貫教育の推進
  中学校の教育内容を学び、小中のつながりを意識した授業の工夫を図り、富士見ケ丘中、高井戸中、宮前中、松渓中の4校に進学するという本校の進路状況から、どの学校でも進学して自己発揮ができる学力を育てる小中一貫教育を進める。

(5)子幼保小連携教育の推進
  子幼保小との連携を充実させ、スタートカリキュラムを実施すると共に、連携カリキュラムを活用し、年間3回の交流を行う。また、教員同士の連携協議会も開催していく。



4 学校教育における基本的な姿勢

〇 児童や保護者の言葉に心を傾け、一人一人の人権を尊重し、人として誠実・公平な指導に努める。

○ 公教育の責任を果たす確かな学力の定着と安全な学校生活の推進に基づき、計画に基づいた指導と評価による改善に努める。

○ 安全・安心を第一に、報告・連絡・相談を密にし、全教職員が一致協力して、子供の成長のため、同じ歩調で歩む。特に事故や対応については、連携して迅速に対応する。

○ 公務員として服務の厳正に努め、常に全体の奉仕者である自覚をもって勤務する。
 特に、個人情報の適正な管理、体罰の防止、いじめの防止に努める。

○ 体罰や言葉などにより、児童の心を傷つける行為が起きないように、自らを戒め職務に当たる。

○ 教育公務員として、絶えず研修に努め、資質・能力の向上を図る。

○ 保護者や地域に教育活動の理解と協力を得るため、意見や要望は真摯に受け止め改善に生かすとともに、個人面談や保護者会の充実、授業公開の充実や情報発信に努める。

○ 常に整理整頓を心がけ、文章及び電子データ等が誰でもがわかるようにファイル化して保存する。

○ ホームページや学校便りなど、学校の情報発信を積極的に行っていく。