3年生1学期

はじめての理科実験

「もっと遠くに・・・」

そんな課題を持ちながら実験しています。
生活科で作った「風やゴムのおもちゃ」と違う所は、
記録をつけて比べるところです。

?予想をたてる
?実験方法や、必要な物を考える
?実験して記録をとる
?まとめる、きまりを見つける。

といったことを大切にしています。

認知症予防教育

認知症って何?

総合的な学習の中で、福祉の分野を学習しています。
近くのデイサービス施設にも学習をさせてもらいに行きました。
そしてこの日は、「ケア24高井戸」から、お二人のゲストティーチャーをお招きして、特別授業を実施しました。

認知症についての理解を、ビデオやスライドで深めていきました。
レジでお金を出す時
道に迷っている時
なかなか聞いたことを覚えられなくて困っている時・・・
どんな声掛け、どんな助けがあればいいのかを学びました。

高井戸ハリケーン

「台風の目」という名前で呼ばれることが多い競技です。
4人一組で棒を持って走ります。
折り返し地点などで回転するとき、外側の子はたくさん走り、
内側の子は踏ん張ります。
離れてしまったらやり直し。
チームワークでがんばらなくてはいけませんね。

運動会練習始まる

ダンスの練習が始まっています。



↓リンクをクリックすると、スローバージョンの再生ができます。

https://youtu.be/CiV9ToEFHLk

植物の成長

モンシロチョウを学校に呼び込もうと、キャベツを植えました。
2週間ほどして、ついに卵発見!

少し前まではアゲハチョウを観察するのが定番でしたが、見つけやすさなども
考えて、今はモンシロチョウに変わりました。
アゲハチョウの幼虫はミカン、ゆず、山椒などの木につきます。
モンシロチョウの幼虫はキャベツを、小松菜などにつきます。
モンシロチョウの方が、餌やりがしやすいのです。

そうそう、小松菜の根と茎を残して水にさしておくと、葉が生えてきます。
ベランダや庭に置いておくと、モンシロチョウが卵を生むかもしれませんよ。

まちたんけん〜社会科〜

前日から雨の予報。
「ほぼ無理だろう」
と思っていましたが、なんと実施できそうなぎりぎりの天気。
当日は30名以上の保護者の方が学習支援に参加。
32人に対して8人ぐらい大人が付きました。
おかげで
「インタビューしてきていいですか?」
「ちょっとメモしたいんで待ってください」
といったような要望もかなえてあげられることができました。

3年生の学習ポイントは「くらべる」です。
・北と南をくらべる
・自分の知っていたイメージと見学した様子をくらべる
・事前学習のビデオとくらべる
そうして、3年生ながらにも「答え」らしきものが自分なりに発見できるようにしていきます。

合同遠足

2年生と3年生の合同遠足。
学校から電車に乗って昭和記念公園へ。
ほとんどの時間を、2・3年生の合同グループで活動しました。

でも、まだ4月の終わりです。
3年生はクラス替えしたばかりなので、実は自分のクラスになれるので精いっぱいの子もいたかもしれません。
今回は、少しだけ「ゆるやか」な活動になるように意識して取り組みました。
2学年の交流だと、ついいつい
「お兄さんだから○○」
「お姉さんだからちゃんと見てあげて!」
なんてなりがちです。でも、あんまりそればかりだと、楽しく遊べなかったり、仕切りすぎたりでお互いつらくなってしまいます。
そこで、一緒に活動する場面を絞りました。
・移動
・お弁当
・遊び場所
そう、「遊びの中身」は必ずしも一緒じゃなくていいことにしました。

それでも、意外と一緒に遊んでいる子たちもけっこういました。
延期はしましたが、楽しく遊んで帰ることができました。