最近のNEWS

2016.08.17 中学生海外留学(第4期)出発式(8月17日)
8月17日、25名の海外留学生(第4期生)が杉並区役所から出発しました。海外での2週間の研修を行ってきます。たくさんの荷物と一緒に希望と期待を詰め込み、バスに乗り込む姿はとても頼もしく見えました。現地での交流や研修を多く積むことで、一回りも二回りも大きく成長して帰国することと思っています。人は、いつからでも変われます。貴重な体験をすることで、自分の生き方を見直しこれからの進むべき道を切り拓く力にもなります。元気な顔で帰国することを心より願っています。
Every small step makes one glant leap for the world 「飛翔 杉並から世界へつながる夢を信じて」


2016.08.01 7月30日(土)、セシオン杉並にて、小・中学生未来サミットが開催されました。28年度は、小学生も交えて明るい学校をつくるためには、どうすればいいかについて、学校の自慢、あいさつができる学校、活躍できる子どもたちが増えるためには、の3つの柱を中心に小・中学生のパネリストが講師を交えて話し合いました。明るい学校をつくることが、ひいてはいじめをなくすことにつながることで、それは中学生のみならず小学生も一緒に考えていくことが大切です。そういう意味で、小・中学生が一緒のテーマで議論できたことはとても意味があることだと思っています。本校からは、井ノ山君と野口さんが、大宮小学校、済美小学校からもそれぞれ2名の代表者が参加しました。一部では、ステージで大宮地区の小中連携の取り組みを代表者が発表しました。また、大宮地区のことについて、その代表者によるポスターセッションも行い、多くの人に興味を持って聞いていただきました。
2016.07.28 7月28日、C組のみなさんがカレーをつくりました。カレーショップを開店し先生方を含めてお客さんがたくさん入りました。とてもおいしかったです。
2016.07.26 7月23日(土)、泉南中学校にて小笠原自然体験交流の報告会が開催されました。平成28年3月26日より5泊6日の日程で29名の中学生が小笠原自然体験交流第4期生として、小笠原村父島を訪れました。本校から3年生の西野君が代表生として参加しました。同じ東京都でありながら杉並区とは異なる大自然との感動的な出会いは鮮烈な印象に残ったことでしょう。美しい砂浜に打ち上げられた人工物を拾い集めることを通して、人間の営みと環境問題に関わる大きな課題を考える機会にもなりました。
2016.07.25 7月25日〜29日まで国語、数学、英語で「夏季パワーアップ教室」を実施しています。1学期の学習内容をしっかり定着させる必要がある生徒と希望制でより一層発展的な学習に取り組みたいと思う生徒が対象です。
2016.07.23 7月23日、済美養護学校の夏祭りがありました。生徒会、委員長、部活動のみなさんがいといろな出し物をして地域の方々を喜ばしていました。お兄さん、お姉さんとして、やさしく接している姿はとてもほのぼのとしてよかったと思います。楽しんでもらえた地域の方々にこの夏祭りが印象深いものになってくれるといいですね。