高井戸第四小学校 校章



 昭和14年4月の開校したばかりの大変忙しい時に、箕輪小次郎校長先生から、
「校章をみんなで工夫してください」と言う話がありました。先生方は、苦心したデザインを持ち寄って意見を出し合い、新しく校章を決めたのです。
 桜は日本を代表する花であり、学校の北側のへいぞいに、きれいにさいていたからです。
 杉は杉並の名前ですし、昔からよい杉の木が作られていたからです。
桜の間に5本の杉を形よく組み合わせ、校名を入れました。
 はじめは、右のような池亀先生のデザインでした。しばらくしてから、杉の木を変え、文字を角ゴシックになおし、全体にまとまりのよい今の校章にしました。
                                 (創立40周年記念誌より)


高井戸第四小学校 校歌

 昭和20年、バラックの校舎が建てられ、集団疎開から帰ってきた時に、校歌は作られました。
 戦争のことはともかく、新しい気持ちでやり直そうと、みんなが思った時です。
校歌にふさわしい詩を、桃三小の羽田松雄先生が作ってくださいました。それをもとに、音楽界で有名な堀内敬三先生が作詞作曲なさったものです。
 この学校で学ぶ子どもたちが、高四小の立派な伝統を受け継いでいくことを願っての心の歌と してです。
 そして、バラックのぶちぬき教室で、盛大な校歌の発表会が行われ、まさに高四小に新風が吹 き込まれました。 (創立40周年記念誌より)


 ◆◆校歌の歌詞付き動画、音声ファイルを作りました。◆◆
   高四小合唱団(平成26年度)が歌っています。
   下記より、選んでご覧(お聴き)ください。
 
JASRAC許諾第E1404233085号  

   
 ★ 歌詞付き動画 (約7MB)  

 ★    〃    低画質(約1.6MB)
 
    音声のみ  (約1.2MB)