特色

FEATURE

小中一貫教育

令和元年7月に杉並区立小中一貫教育校高円寺学園(杉並区立高円寺小学校・杉並区立高円寺中学校・令和2年4月開校)の新校舎が完成しました。

高円寺地域では、学校間の連携や交流が活発に行われており、小中一貫教育についても先進的に取り組んできた一方、子どもの減少が進んだことから、杉並区教育委員会では、学校関係者、保護者及び地域関係者等とより望ましい教育環境について意見交換を行い、杉並第四小学校、杉並第八小学校及び高円寺中学校の3校に施設一体型の小中一貫教育校を高円寺中学校の校地に設置することとしました。

小中一貫教育校の建築にあたっては、学校関係者、保護者及び地域関係者等からなる「高円寺地域における新しい学校づくり懇談会」において議論を重ね、「豊かな人間性を育む学習環境等の整備、充実」「安全性が高く、地域防災の拠点となる学校」「地域力を生かし、地域と共に歩む学校」を基本的な考え方として、設計をまとめてまいりました。

配置計画では、敷地南側に校舎を配置し、校庭面積を確保するとともに、北側への日影に配慮しました。1階には学童クラブを一体整備し、施設の複合化を図るとともに、地域住民等が利用可能な開放会議室やPTA・学校支援本部のための諸室を設けることで、地域の力を生かし、地域とともに歩む学校としています。

平面計画では、2~4階に普通教室を設置したほか、新たに特別支援学級を設置しました。また、少人数教室等を置き、きめ細かい指導を充実させるなどして、学習環境を整備しています。また、義務教育9年間の学びの系統性・連続性を重視し、図書・ラーニングセンターや多目的ランチルームをはじめとした小中共用諸室を設けることで、小学生と中学生の自然な交流が生まれる構成としています。校庭に面した2階北側には、小学校・中学校・特別支援学級の教員が一堂に会する職員室を設置し、教員同士のスムースな連携を図っています。

設備計画では、太陽光発電、雨水利用、屋上緑化などエコスクールに対応するほか、防災井戸、マンホールトイレ、自家用発電設備、防災倉庫や帰宅困難者用倉庫等を設け、地域の防災拠点としての機能の充実を図りました。

ページトップに戻る